『トットちゃん!』幻の人達が徹子に話しかけてくる演出が怖かった。そしてダニーと再会-第50話

感想・評価トットちゃん

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

テレビ朝日帯ドラマ劇場『トットちゃん!』第10週・第50話(2017年12月8日12時30分~)を視聴した感想・評価の記事です。

徹子はニューヨーク留学中。ケルナーとの関係は、今回一応の決着を見ます。

懐かしのあの人とも再会。

そして今回はまたすごい演出がありました。だからこのドラマは面白い。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位はダニー市川役の新納慎也さん。生きてた! ダニー再登場。今は何をやってるのな? 後述します。

2位は黒柳徹子役の清野菜名さん。ニューヨーク留学中である。前回の記事でも書いたが、この時徹子は38歳となっている。

3位はカール・祐介・ケルナー役の城田優さん。徹子をパリに連れて行こうとするが・・・。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をおよそ把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

徹子のためだけのコンサート

★8分(盛り上がり度:23)

ケルナーは、前回の予告通り、徹子のためだけのピアノ演奏(ドビュッシーのアラベスク第一番)をして、アカペラで歌も歌った。

エコーのかかったスタジオ。

徹子は二人の出合い、再会を思い出した。

 

ケルナーが歌い終わると、徹子は彼に抱きついた。そして二人はキスをした。

この時点のSNSでの反応:

さすがミュージカル俳優
歌ってるホントに歌ってるww
カレーのナンから始まった恋だとは思えない

 

瞬間移動した人達

★13分(盛り上がり度:30)

結局、徹子はケルナーについていかなかった。

ケルナーは徹子に「いつかまた、どこかで会おう」と言い、去っていった。

 

 

徹子がセントラルパークの近くに借りた自分の部屋に戻ると、奇妙なことが起こった。

部屋には日本にいるはずの朝(松下奈緒)が椅子に座っていて「まだ間に合うでしょ?」と語りかけてきた。

キッチンには亡くなったはずの向田邦子(山田真歩)がいて「ピリッと辛いラーメンでも食べようか」と、徹子を慰めた。

夜が明けると、窓辺に渥美清(山崎樹範)がいて「お嬢さんは、本当にバカですね」と言った。

ベッドの上にはシャープさん(趣里)がいて「あなたは私を蹴落として女優になったのよ。男のために簡単にやめたりしたら、許さないから」と言ってきた。

 

・・・そんな演出だった。

この時点のSNSでの反応:

ちょっと怖いんだがw
どこでもドアがある
パパは出てこないwwww

 

ダニーとの再会

★14分30秒(盛り上がり度:41。今回最高の盛り上がり)

徹子がダニーと再会した。このダニーは幻じゃないようだ。

 

セントラルパークのベンチに座ってぼんやりしている徹子に、「トットちゃん? トットちゃんだろ?」と話しかけてきたダニー。

徹子は「あ! ダニーさん! ニューヨークにいたの!?」と驚いた。

 

徹子は自分の今の状況を説明した。

 

徹子は、ダニーの元カノのエミー(凰稀かなめ)について「(乃木坂上倶楽部で)みんなのお手伝いしてるの。とっても幸せそうだし、とっても元気」と説明した。さすがにシイナさん(小澤征悦)と結婚したとは言えなかった。

 

ダニーは「今はミュージカルに出ている」と言ったが、徹子が「観に行きたい」と言ったところ「あ、明日からツアーだから」と言葉を濁し去った。ダニーは本当は何をしているのだろうか。

 

この時点のSNSでの反応:

生きてたかーーーーーーーー
あーーー!ダニーぃぃぃ!
ダニーーーーーーー

 

ダニーは、第33話で海に向かって歩いていって、それ以降消息不明になっていた。

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他あらすじ、ネタバレ等

来週の予告によると、ついに「徹子の部屋」「玉ねぎ頭」というキーワードが出てくるようだ。

シイナさんとエミーさんがいなくなってしまうという事件も発生する。

 

徹子にセクハラしてたのは、森繁久彌(近藤真彦)だろう。森繁は徹子にもセクハラまがいのことをしていたというエピソードが残っているし、記念すべき「徹子の部屋」の第一回ゲストである。

 

守綱(山本耕史)にも何らかの出来事が発生。

ダニーは何らかの形で物語に関与する。

 

そして久松(三宅健)とシャープさんはめでたくご結婚となる。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

評価はまためちゃくちゃな値になってしまった(SNS投稿数が少ないため)。

 

盛り上がりグラフは、ダニー効果で後半ガツンと伸びた。

 

ダニーもそうだが、ドラマとしてのハイライトはやっぱりケルナーと別れたあとのあのニューヨークの自室での幻のみなさんだろうと思う。

このドラマでは、あからさまなミニチュアセット、あからさまなCGなどもあったが、あんなあからさまな幻が現れるとは思わなかった。一人で見ていたら、ちょっと、いや、かなり怖かった。

最初、朝が出てきたシーンはドキッとして、あれ、何かの間違いかなと思った。向田邦子が出てきて、これは幻なんだと確信した。

一番怖かったのはシャープさん。だって、振り返るとベッドに白い服着て正座してるんだぜ!!?

感想・評価トットちゃん

Posted by tomo