『トットちゃん!』華子が25年ぶり?に登場。徹子とケルナーの恋を暴露する-第58話

感想・評価トットちゃん

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

テレビ朝日帯ドラマ劇場『トットちゃん!』第12週・第58話(2017年12月20日12時30分~)を視聴した感想・評価の記事です。

今週はこれまでの振り返りや回想が多いですね。今回は徹子の母・朝が主役で、徹子は彼女の恋と自分の恋を重ね合わせていきます。


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位はチョッちゃんこと徹子の母・黒柳朝役の松下奈緒さん。今回は回想シーンで、守綱との交際やプロポーズ、著書「チョッちゃんが行くわよ」のドラマ化(NHKの連続テレビ小説・チョッちゃん)などが描かれた。

 

2位は赤田市子役の野村麻純さん。黒柳家のお手伝いさんである。徹子と同じく、未婚。相手もいない状況。

3位は黒柳徹子役の清野菜名さん。朝の話を聞いて、自分とケルナーの恋を重ね合わせる。

 

4位は伊藤華子役の高岡早紀さん。久しぶりに登場。なんと、パリで徹子とケルナーを目撃したという。後述するが、おそらく25年以上ぶりの再会だと思われる。

 

5位は徹子の父・黒柳守綱役の山本耕史さん。回想シーンで登場。「音楽は捨てなさい。そして、僕の妻になりなさい。今日からここで、一緒に暮らそう」のくだり、今見ても本当にすごい。堀北真希さんを連想させるという意味でもすごい。

6位はカール・祐介・ケルナー役の城田優さんでした。

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をおよそ把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

グチャグチャの誕生日ケーキ

★10分(盛り上がり度:20)

徹子の部屋」の収録(5GAPなどが出演していた)を終えた徹子が、ケーキをもって急いで自宅に帰ってきた場面。

この日は市子の誕生日であり、黒柳家では毎年お祝いをしているようだ。

 

しかし徹子が買ってきたホールケーキは、つぶれてグチャグチャになっていた。徹子がケーキの包をぶんぶんふりまわしながら帰ってきたから。

 

朝「毎年グチャグチャなのに驚くわね

 

市子、理想の恋を語る

★11分30秒(盛り上がり度:17)

市子は朝に、守綱とのなれそめについて聞いた。

朝が答えると、市子は机をトンと叩き「私とお嬢様は、なぜ奥様みたいな恋ができないのでしょうか!? このまま終わってしまうかと思うと、生まれてきたかいもありません! ねえ、お嬢様!」と言って半泣きに。

 

徹子はケルナーと恋をしているので、ちょっときまずい。

 

朝「まだわからないわよ、イッちゃん。ほら、クリーニング屋のヒロさん、どうなったの?

市子「全然、胸がキュンとしませんわ! 私も旦那様みたいに美男子で、愛してるよって西洋人みたいに毎日言ってくれて、バイオリンを弾くような方じゃないと嫌なんです!!

 

この時点のSNSでの反応:

いっちゃんハードル高いよそれは
黒柳家に仕えてしまったから理想高いww
いっちゃん、守綱パパに惚れたなw

 

華子、徹子の恋をバラす

★16分30秒(盛り上がり度:28。今回最高の盛り上がり)

華子が、久しぶりに黒柳家を訪ねてきた。第49話でパリに旅立って以来のこと。

第49話は徹子のニューヨーク留学のあたり(1971年)なので、およそ25年ぶりぐらいの再会だろうか。「テツコクロヤナギ」の名前はパリでも知られているという。

 

しばらくの会話の後、華子は、思い出したようにこう言った。

 

華子「そういえば、パリのビスコンティ通り7番地で、あなたをみかけたわよ。トットちゃんが、背の高い素敵な男性と手を繋いで歩いているところ

 

台所で家事をしていた市子は、その会話を聞いて、裏切られたような表情をした。

 

朝「何のこと?

徹子「さあ?

華子「ピアニストよね? やっぱりパパの影響でトットちゃんは音楽家が好きなのね、って思ったわ。声をかけようかと思ったけど、お邪魔するのも野暮なので遠慮してたのよ

朝「それどなた?

華子「朝さん、知らないの?

徹子「・・・」

 

この時点のSNSでの反応:

さすが華子さんwwwww
華子さん、ウケるwww
トット・・・目が泳いでるwwww

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他あらすじ、ネタバレ等

今回は(回想シーン以外は)少なくとも1996年以降の出来事である(渥美清さんが亡くなっているため)。

1996年だとすると、朝は85歳である。徹子は63歳。

 

チョッちゃんが行くわよ」が連載を開始したのは1982年、その後ドラマ化もされた。

アニメ化される著書「チョッちゃん物語」の出版は1993年で、これが10冊目の著書である。

 

朝は2006年8月に亡くなるが、その翌月に最後の著書「チョッちゃんは、もうじき100歳」が出版されている。享年95。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

今週は振り返りの多い展開が続いている。

華子がやってきて暴露するシーンが面白かった。イッちゃん老けても可愛いぞ。

徹子に出ていた5GAP、ホワイト赤マンが懐かしかった。絶妙の人選だと思った。

次回はおそらく久松とシャープの件の振り返りがあって・・・ラストはどうなるのだろうか。やっぱケルナーがメインかな。