『トットちゃん!』シャープさんが「私の生きる道」を見つける-第59話

感想・評価トットちゃん

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

テレビ朝日帯ドラマ劇場『トットちゃん!』第12週・第59話(2017年12月21日12時30分~)を視聴した感想・評価の記事です。

今週は振り返りが続いていますね。今回はシャープと久松の場面の振り返りでした。

そして徹子はケルナーに呼び出されて・・・。


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位は黒柳徹子役の清野菜名さん。前回、ケルナーとの恋が朝(松下奈緒)にバレてしまった徹子である。しかし華子の助言により、朝は深く突っ込んだことは聞かなかった。

 

2位は井川咲子役の趣里さん。シャープさん。

3位は久松勇役の三宅健さん。今回の前半はこの二人の夫婦の振り返りが中心だった。

 

4位はチョッちゃんこと徹子の母・黒柳朝役の松下奈緒さん。

5位はカール・祐介・ケルナー役の城田優さん。今回の終盤で、「葉山のホテルにいる」と徹子にFAXを寄越した。

6位は伊藤華子役の高岡早紀さんでした。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をおよそ把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

シャープの生きる道

★8分30秒(盛り上がり度:11。今回最高の盛り上がり)

久松が、徹子をお茶に誘った。奥さんのシャープも同席する。

喫茶店にて。

 

シャープさんは仕事に復帰する気はないという。

シャープ「仕事仕事って思い詰めてた時期もあったけど、ある時、母として生きるんだって決めたらスッキリしたの。最近は子供が、お母さんの料理は美味しいなって喜んで食べてくれるだけで、ああ、幸せだなあって思えるの

 

続けて、徹子との会話。

 

シャープ「庭の朝顔が一輪咲いただけでもあたたかな気持ちになれる。昔の私からは想像できないでしょ

徹子「ふふ、お幸せなのね

シャープ「幸せっていうか、これが私の生きる道なのよ。日々の小さな喜びが尊いんだって、やっとわかったの。人の命はそういうささやかなものに支えられてるんだって。だから、あなたのご活躍を心から応援できるの、最近

 

シャープさん、すっかり落ち着いた雰囲気に変わってしまった。久松と結婚して、子供を4人育ててきた。おそらくこの時60歳を超えていると思われる。

 

回想シーン

★13分30秒(盛り上がり度:9)

今回は回想シーンが特に多かった。

徹子のNHK時代、河毛博(ディーン・フジオカ)の話や、久松やシャープとの出合いなど。

 

視聴者の中にはちょっと回想シーンに飽きてきた人もいたようで、SNS上ではそういう意見もあった。また、新しい場面をやってほしいと。

 

次回は最終回

★18分(盛り上がり度:9)

いよいよ、次回は最終回となる。

 

次回予告では、ケルナーの「徹子に出会えて、いい人生だった」という発言があった。徹子は「好きよ。祐介」と言った。

 

朝と徹子がフランスパンをブリッとかじるシーンがあった。

 

フランスパンをブリッとかじるのは、何かの決意のしるしだ。第27話あたりの記事を参照。

 

この時点のSNSでの反応:

明日最終回やー。いやだー、さみしい
終わっちゃう
終わって欲しくないな

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他あらすじ、ネタバレ等

徹子は、ケルナーに呼び出されて、初めて一緒にお泊りした時の海岸を歩いた。

 

次回。徹子は今度は自分がケルナーのところへ行きたいと言うが、ケルナーはそれを拒否するようだ。それでも徹子はケルナーのもとへ行こうとする。

 

どういう結末が待っているのか。

 

なお、次期帯ドラマ枠は「越路吹雪物語」であると予告が入った。

越路吹雪を演じるのは、大地真央さん、瀧本美織さんとのこと。2018年1月8日スタート。

 

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

 

最終週、ちょっと回想シーンが多すぎやしないか・・・と思ってる。けどまあ名シーンばかりなので見入ってしまうわけだけど。新しいシーンももうちょっとやってほしいなぁと思った。

そして最終回はケルナーの話となる。あんまり悲しい結末にはしてくれるな・・・と思ってしまう。

 

ケルナーも気になるけど、徹子さんの最終回における状況や心境も気になる。どういうふうに描かれるのだろうか。いよいよあと1回。