『アンナチュラル』脚本家・野木亜紀子は預言者?仮想通貨詐欺というタイムリーなネタ-第6話

感想・評価アンナチュラル

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

TBS金曜ドラマ枠『アンナチュラル』第6話(2018年2月16日22時0分~)の感想・評価の分析記事です。

今回は仮想通貨(暗号通貨)を舞台にした詐欺事件が一つのテーマでした。世間を騒がせているタイムリーな話題。

脚本の野木亜紀子さんのTwitterでの発言によると、今回の話は、

書いたのは昨年9月でした。偶然of偶然。

ってことで、まだ騒がれる前ですね。預言者・野木さん。

今回の本筋の事件とは直接は関係ありませんが、描かれた仮想通貨詐欺事件の概要についても後述しておきます。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

中堂系 役 井浦新

投稿数:1509(1位), ユーザ数:905(1ユーザあたり1.67回)
関連語:中堂(1440), 系(97), 井浦(67), 新さん(21), クソ(61), 経験(50), 最高(45), 坂本(26), 協力(23), 心配(18), 表情(12), 熱燗(11), 説得(7), レントゲン(4)

1位は中堂系役の井浦新さん。
今回、東海林が警察の取調べを受けそうになるのだが、その時中堂が「逃げろ。今の状況で任意同行に応じたら、クソつまらん理由で勾留されてやってもない罪を自白させられる!」と、経験に基づく助言を行った。

久部六郎 役 窪田正孝

投稿数:1166(2位), ユーザ数:785(1ユーザあたり1.49回)
関連語:久部(187), 六郎(768), 窪田(283), 正孝(165), ミコト(152), 呼吸(62), 人工(59), 好き(35), 人畜(21), 無害(23), 魅力(12), 弟(11), リュック(6), 演技 自然(5), 闇落ち(5), 演技 上手(4), 子ネズミ(3)

2位は久部六郎役の窪田正孝さん。
今回は、ミコトを「ミコトさん」と呼んだ。名前呼びである。「ミコトさん」と呼んでいいと許可を得た。
なおミコトからは、弟のように思われているようだ。

父は帝日大の教授、おじいさんは開業医、兄2人も医者だわかった。

東海林夕子 役 市川実日子

投稿数:893(3位), ユーザ数:605(1ユーザあたり1.48回)
関連語:東海林(813), 夕子(9), 市川(88), 実日子(78), 友達(95), 関係(47), 同僚(45), 容疑(22), 毛利(18), 最後(14), 綺麗(9), 必死(7), 細(5), マッチョ(5), 詐欺(4)

3位は東海林夕子役の市川実日子さん。
今回は主役級の活躍。
警察から追われる存在となり、中堂の助言により逃亡。
異性間交流会への出席がアダに。

三澄ミコト 役 石原さとみ

投稿数:889(4位), ユーザ数:662(1ユーザあたり1.34回)
関連語:三澄(28), ミコト(617), 石原(240), さとみ(268), 同僚(55), 関係(51), 友達(97), 最後(22), 人工(20), 呼吸(19), 可愛い(15), 仲間(11), コトコトコト(8), ネックレス(7)

4位は三澄ミコト役の石原さとみさん。
25分頃からのシーン(東海林と一緒に逃亡中に、岩永と面会しているシーン)で、ミコトがネックレスをしていたり、していなかったりするのが気になった視聴者が多かったようだ。カットによってネックレスをしている、別のカットではしていない。撮影上のトラブルと思われる。

なおこのシーンで、過去に3年間交際して条件も性格も問題ない彼氏がいたが、結婚間近で別れた、ということがあったことがわかった。

木林南雲 役 竜星涼

投稿数:637(5位), ユーザ数:524(1ユーザあたり1.22回)
関連語:木林(594), 南雲(17), 竜星(41), 涼(35), 善処(49), 最高(46), 好き(43), 楽し(42), 笑顔(40), キャラ(13), wwww(10), ノリノリ(7), 柵(6), 爆走(7), ゲート(4), ニッコニコ(4), にこやか(3), 飛行場(3), 一気(3), 特撮(3), ニコニコ(10), イケメン(8)

5位は木林南雲役の竜星涼さん。
今回はクライマックスシーンで活躍。

ニッコニコの笑顔で車をぶっ飛ばして鉄柵を破壊。楽しそうだった。笑った。

坂本誠 役 飯尾和樹

投稿数:298(6位), ユーザ数:259(1ユーザあたり1.15回)
関連語:坂本(227), 誠(3), 飯尾(76), 和樹(3), ムーミン(60), 好き(13), 買収(11), 元気(9), キャラ(8), 久しぶり(8), フローレン(8), 釣ら(7), 賄賂(7), チョロ(5), 再登場(4), 演技 好き(3)

6位は坂本誠役の飯尾和樹さん。
これまでに彼が極度のムーミン好きであることは明らかになっていたが、今回はフローレンで買収された坂本だった。

宍戸理一 役 北村有起哉

投稿数:282(7位), ユーザ数:228(1ユーザあたり1.24回)
関連語:宍戸(120), 理一(5), 北村(151), 有起哉(132), ユキヤ(0), 友達(41), 六郎(34), ミコト(31), ゲス(14), 情報(10), ゲスい(6), 悪い(6), 記者(6), マスゴミ(3)

7位は宍戸理一役の北村有起哉さん。
久部が情報を求めたフリー記者。
久部を操ろうとしていて、ミコト絡みで何かを企んでいる。

毛利忠治 役 大倉孝二

投稿数:273(8位), ユーザ数:228(1ユーザあたり1.20回)
関連語:毛利(177), 忠治(1), 大倉(101), 孝二(34), 好き(24), かっこいい(9), 最高(8), 惚れ(6), 疲れ(6), 優しい(6), 惚れる(5), イケメン(4), 素敵(4), カッコイイ(3)

8位は毛利忠治役の大倉孝二さん。
西武蔵野署の刑事。
今回は、事情聴取されそうになるミコトと東海林を「君たち、あれだよね。通りすがりに呼吸困難の人を助けただけだよね。もう帰ってください、邪魔だから」と言って解放したシーンがあった。

神倉保夫 役 松重豊

投稿数:184(9位), ユーザ数:149(1ユーザあたり1.23回)
関連語:神倉(99), 保夫(1), 松重(87), 所長(30), 早口(18), 好き(8), 可愛(7), キャラ(7), 必死(5), 素敵(3), 説教(3), 熱燗(3)

9位は神倉保夫役の松重豊さん。
警察がUDIに来た時に、東海林の存在を必死にごまかす所長が可愛すぎた。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:仮想 通貨(484), 人工 呼吸(409), ミコト 東海林(248), ムーミン(202), ビットコイン(172), 北村 有起(170), 人畜 無害(140), 容疑 者(100), 細 マッチョ(91), ゲキレッド(86), 神倉 所長(82), 弟 キャラ(79), 飛行 機(76), 仮面 ライダーバース(73), 通貨 詐欺(70), ムーミン 買収(67), 葬儀屋(65), イケメン(58), クソ 連発(55), 宇宙 感じ(55), ビットコイン 詐欺(48), 木林 最高(48), 共感 恋へ(43), 仮面 ライダー(43), ゲス 記者(43), 野木 脚本(42), 預言 者(40), 脚本 家(40), 法医 学者(34), ゲキレッド キョウリュウレッド(33), 呼吸 困難(34), パイロット(32), 野木 亜紀子(31), 詐欺 仲間(29), タイムリー ネタ(29), ムーミン 好き(29), 賄賂 ムーミン(28), 中堂 ダッシュ(28), タイムリー 過ぎ(25), 野木 預言(23), 説得 力(22)

 

やはり、「仮想通貨」「ビットコイン」という言葉が目立ち、「野木 預言」「預言者」といったワードも目につく。今回の事件は、あまりにタイムリーだった。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

中堂が経験に基づく助言

★23分30秒:盛り上がり度:213
この時点の関連語:中堂(68), 所長(37), 早口(22), クソ(17), 経験(12), 捜査(8), 二(7), 課(10), 連発(5), 最高(5)

中堂が、東海林に助言した場面。東海林が警察に取り調べられそうになるシーンで・・・。

中堂は東海林に「逃げろ。今の状況で任意同行に応じたら、クソつまらん理由で勾留されてやってもない罪を自白させられる!」「わけのわからんクソでっちあげストーリーを、密室で毎日毎日念仏のように唱えられてみろ。クソほどの体力気力根性がなければ挫ける!」と言った。

経験に基づくありがたいお話である。

その後、警察に対応した神倉所長は、めっちゃ早口でしどろもどろになって東海林の存在を隠蔽した。

この時点のSNSでの反応:

中堂さん…そうやって警察で尋問されたんだね
中堂さん、よくしゃべるようになってる〜
任意同行の経験者・中堂系は語る

 

ニコニコ木林、車で鉄柵破壊

★41分30秒:盛り上がり度:269(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:木林(74), 善処(24), 葬儀(13), 飛行(8), 最悪(8), 楽し(8), 葬儀屋(7), ニコニコ(6), ハラハラ(5), アクセル(5), イケメン(3)

今回の事件は、ある詐欺グループ4人のうち、1人が詐欺で得た金4億円を独占しようとして発生した。詳しくは後述する。

 

4人のうち1人の岩永充(竹財輝之助)は、二人を同じ手口で始末し、もう一人も手に掛けようとしていた。その手口というのは、彼が開発した、手首と耳につけるバイタルデータを取得するための電子端末に、遠隔操作で微弱な電流を流すことによって神経を麻痺させ、呼吸困難にさせるというものだった(自分で書いていてもよくわからん。ドラマを見て欲しい)。

 

岩永は最後の一人、パイロットの立花圭吾(鈴木裕樹)を始末しようとしていた。遠隔操作で立花の手首の端末に電流を流す。立花はその時ちょうど、ある家族を飛行機に乗せて離陸しようとしていた。

もし離陸した後に立花が呼吸困難になれば、大惨事につながる。

その可能性に気づいたミコトたちは、偶然通りかかった木林の車に乗せてもらい立花のいる空港へ。

 

しかし飛行機は離陸寸前。

ミコトに「近づけますか?」と言われた木林は、「善処します」と言ってニヤッと笑い、アクセルを踏み込んで空港内の柵を突破。離陸しようとしている飛行機に追いついた。

この時点のSNSでの反応:

ニコニコしながら柵ぶっこわす木林さん最高www
木林さん楽しそうに運転しててわろたwwwww
善処しますからの木林さん激しいwww

 

惚れやすい東海林

★46分30秒:盛り上がり度:266
この時点の関連語:毛利(34), 呼吸(30), 人工(24), 六郎(16), 刑事(14), 大倉(10), 木林(9), 窪田(8), イケメン(6), 六郎くん(6)

毛利が、ミコトと東海林を解放したシーン。

事件解決後、ミコトと東海林は参考人として事情聴取されそうになる。

 

しかしそこで毛利は「君たち、あれだよね。通りすがりに呼吸困難の人を助けただけだよね。もう帰ってください、邪魔だから」と言って解放した。

その言葉に、東海林は「やだ、ちょっとカッコよく見えた」と、早くも陥落した模様だ。ミコトも「(かっこよく)見えたね」と言い、ちょっと共感してたみたいだ。東海林は今回、恋愛がらみでトラブルになったのに、まったく回復が早い。

 

なおこの直前では、六郎が立花に人工呼吸するシーンもあった。残念ながら、口元は映らなかったが。さすが医学部。

 

この時点のSNSでの反応:

毛利さんにときめく女子www
毛利さんいい人かよ、東海林さん惚れちゃうかよ
毛利さん言い方がアレだけど優しいよね

 

次回は中堂が走る!

★52分:盛り上がり度:241
この時点の関連語:中堂(42), 来週(31), 六郎(20), 面白(20), 予告(16), 走っ(12)

次回予告では、中堂がなぜか走っているシーンがあった。

これは楽しみだ。

この時点のSNSでの反応:

次週予告で中堂さんのダッシュが
なんか中堂さんが走ってた!なんか中堂さんが慌てて走ってた!
え、中堂さん走ってるの可愛くない……?

 

仮想通貨詐欺事件の概要

記者の宍戸理一の説明によると、今回の仮想通貨(暗号通貨)詐欺事件の概要はこうだ。

 

詐欺グループのうち、外資系商社マンの権田原と外資系銀行マンの細川は「ある通貨が、シンガポール政府公認の暗号通貨になる。近いうちに30倍、40倍の価値になる」という嘘情報を流した。

暗号通貨が信頼ある政府の公認となれば、価値が高まるのは目に見えている。

 

被害者となった小金持ちのみなさんは、2つの情報源(細川、権田原)から同じ情報が出てきたということで、それを信じてコインを購入した。

しかしある日突然、そのコインは大暴落した。権田原たちは顧客に、中国政府が介入したためと説明したが、宍戸の見立てによると権田原たちが仕掛けたようだ。株でいうと「仕手(相場操縦の一手法)」。

このようにして詐欺グループは、4億円を合法的に得た。

 

このように、現実の世界で発生している仮想通貨絡みの事件とはかなり異なる事件ではある。そもそも現実の世界で発生しているのは詐欺ではないとされている(盗難事件? 不正アクセス事件?)。ただ、同じ仮想通貨(詐欺)ネタということで、大変タイムリーだった。

昨年9月にこれを書いていた野木亜紀子さん、さすが。

 

なお今回、捜査二課が動いていたが、同課は詐欺や経済犯罪などを扱う部署である。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

ストーリーは公式サイトも参考に。

 

前述の通り、今回は4人グループのうち1人(岩永)が、詐欺で得た金を独占しようとして発生した。

岩永は、ベンチャー企業を経営しており、その企業で開発したバイタルデータを取得できる電子端末を、他の3人にも付けさせていた。ただ、他の顧客と彼ら3人が付けた端末は少し異なっていて、彼らが付けた端末にはなぜか電流を流す仕組みが備わっていた。

わずかな電流でも、神経を麻痺させ、呼吸困難にさせる効果があるようだ。しかも証拠も残らないという。

岩永は遠隔操作でその端末を操作し、犯行を重ねていた。

 

なお、木林がニッコニコで柵を突破した先にいた立花は、一命をとりとめた。飛行機も離陸前に、乗客の機転によって停止した。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後6分間の各値。

・投稿数:13313(Q1:2388, Q2:2776, Q3:2281, Q4:4749, 放送後6分間:1119)
・ユーザ数:3695(Q1:1111, Q2:1164, Q3:1114, Q4:2153, 放送後6分間:947)
・SNSでの影響度数(独自指標):16360

初回からの推移図を示します。

SNS影響度の推移図

すべての値で、前々回から2回連続で上昇している。今回は伸び幅が大きい。視聴者が増加していると推定される。

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

初回からの推移図です。

評価の推移図

今回は何と言っても、中堂や神倉の手助けによる東海林の逃亡、そして木林の柵突破というスリリングな展開が楽しかった。

毎回テイストが変わって飽きないんですよね。前回はちょっとコミカル(みんなで中堂宅に大集合してワイワイ)でシリアス(ラストね)。今回はスリリング。

 

そこにタイムリーな仮想通貨詐欺ネタ。前回の記事でも書いたが、今期のドラマの中で、SNS(Twitter)投稿ユーザ数が毎回3000以上をキープしているのは、このドラマだけ。その記録は今回も更新された。毎回いろんな人が活躍していて、幅広い人が観やすいドラマとなっていると思う。

感想・評価アンナチュラル

Posted by tomo