『アンナチュラル』六郎くん(窪田正孝)、来期ドラマで「あなたには帰る家がある」と教えられる-第8話

感想・評価アンナチュラル

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

TBS金曜ドラマ枠『アンナチュラル』第8話(2018年3月2日22時0分~)の感想・評価の分析記事です。

今回の主役は久部六郎(窪田正孝)。かつて悪さをして家族と疎遠だった今回のメイン被害者の男性・町田三郎(一ノ瀬ワタル)と、父親に勘当を言い渡された自分の境遇を重ね合わせ、「帰るべき家」について悩む。

そんな中、放送直後に予告された来期同枠のドラマのタイトルが「あなたには帰る家がある」。久部へのお知らせか? 偶然とは思えない!!

また、久部が将棋をするシーンでは「Nのために」の成瀬を思い出すと話題になっていました。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

久部六郎 役 窪田正孝

投稿数:1877(1位), ユーザ数:1110(1ユーザあたり1.69回)
関連語:久部(222), 六郎(1400), 窪田(382), 正孝(190), 場所(214), 帰る(210), 家(143), 帰れ(129), 中堂(119), ミコト(114), 将棋(97), ラボ(81), おかえり(62), 自分(78), パパ(52), 三郎(47), 最高(42), 好き(42), 涙(41), 泣く(40), 成瀬(35), 息子(34), 優秀(33), 演技 泣く(27), 演技 上手(25), 帰れる(23), 笑顔(16), 素敵(16), 勘当(17), 法医学(11), 解剖(11), 感動(10)

1位は久部六郎役の窪田正孝さん。
今回の主役級。
今回の事件と、父親と自分との関係を重ね合わせる。彼は医者の家系に育ち、二人の兄も医者。だが、彼自身は医者になることを躊躇していた。それがもとで、父親からは事実上の勘当を言い渡された。

ラストでは、「週刊ジャーナル」を辞める描写もあった。

また、今回は将棋をする場面があって(しかも強い!)2014年の「Nのために」で窪田さんが演じた成瀬慎司の再現だとSNSで話題になっていた。

中堂系 役 井浦新

投稿数:1658(2位), ユーザ数:1022(1ユーザあたり1.62回)
関連語:中堂(1629), 系(72), 井浦(38), 新さん(5), 笑った(168), ミコト(157), 六郎(73), 好き(73), クソ(72), 可愛(64), 坂本(45), 付き合っ(42), 乾杯(37), フォロー(35), やばい(27), 楽しみ(14), 宍戸(13), カバ(13), 家族(10), 萌え(9)

2位は中堂系役の井浦新さん。
笑ったというだけでSNS上は大盛り上がりになる中堂。今回は神倉にクソ禁止令を言い渡された。
最近デレてきているが、次回はまたシリアスになりそう。

三澄ミコト 役 石原さとみ

投稿数:612(3位), ユーザ数:449(1ユーザあたり1.36回)
関連語:三澄(22), ミコト(491), 石原(110), さとみ(119), 中堂(177), 六郎(98), クソ(52), 我(32), 場所(28), 好き(24), 仕事(21), 言葉(21), 母(17), 木林(16), 毛利(15), 優秀(13), 法医(9), シーン(9), 素敵(8), 関係(8), デート(5)

3位は三澄ミコト役の石原さとみさん。
久部とおデートする場面もあった。サシ飲み。進路相談。
でもミコトにとって、久部は弟みたいなもので・・・。

神倉保夫 役 松重豊

投稿数:376(4位), ユーザ数:333(1ユーザあたり1.13回)
関連語:神倉(221), 保夫(0), 松重(173), 所長(67), たまたま生き(62), セリフ(58), 大杉漣(36), 震災(27), 台詞(24), 思い出し(12), 東日本大震災(10), 将棋(9), タイミング(10)

4位は神倉保夫役の松重豊さん。
たまたま命を落とすんです。私たちはたまたま生きている」というセリフがあった。36分頃。

松重さんがこのセリフを言うと、大杉漣さんを思い出すという人が多かった。

また、東北の震災の時、彼は現場にいたことが明らかになった。その時の経験から、歯科カルテのデータベース化を目指していた。身元調査の迅速化のため。

坂本誠 役 飯尾和樹

投稿数:292(5位), ユーザ数:256(1ユーザあたり1.14回)
関連語:坂本(252), 誠(3), 飯尾(40), 和樹(7), クソ(76), 中堂(54), 強く(22), 最高(15), 仕方(14), イキイキ(8), ムーミン(7), 笑顔(8), 元気(4), クソ連発(4), クソww(3), 生き生き(3)

5位は坂本誠役の飯尾和樹さん。
今回は、ヘルプとしてUDIにやってきた坂本。

中堂にはクソ禁止令が出されていたが、坂本は登場するなり「クソ仕方なく、クソ嫌々参りました」と、生き生きとした表情で挨拶した。

町田三郎 役 一ノ瀬ワタル

投稿数:290(6位), ユーザ数:246(1ユーザあたり1.18回)
関連語:町田(39), 三郎(237), 一ノ瀬(16), ワタル(16), 六郎(55), 帰る(25), 場所(23), 泣い(18), 自分(16), 助け(15), 良い(15), 家族(13), 美代子(10), 覚え(9), 親(9), ロープ(7), おかえり(7), 泣ける(5), 号泣(5)

6位は町田三郎役の一ノ瀬ワタルさん。
今回の被害者の一人であるが、不可解な点があった。

腹に腹腔鏡手術の跡・・・かと思ったがこれは後に銃創だとわかる。
かつては悪事を働き、親とは疎遠になっていた。

三郎、六郎という名前的なつながりもあり、久部は彼と親との関係に、自分と自分の父親との関係を見る。

宍戸理一 役 北村有起哉

投稿数:166(7位), ユーザ数:153(1ユーザあたり1.08回)
関連語:宍戸(137), 理一(0), 北村(18), 有起哉(25), ユキヤ(0), 犯人(41), 中堂(16), ピンク(15), 金魚(15), 赤い(14), カバ(14), 出版(9), まさか(7), やっぱり(7), リッチー(3), ミスリード(3), 歌(4)

7位は宍戸理一役の北村有起哉さん。
8年前の件に何らかの関わりがあるようだ。

彼から久部へ渡されるはずだった封筒の中に「ピンクのカバ」の絵があった。ピンクのカバは、糀谷夕希子の次回作となるはずだったモチーフ。

ラストではABCの歌を歌っていた。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:帰る 場所(837), ピンク カバ(502), クソ(344), 赤い 金魚(292), 居場 所(253), 私 たまたま生き(213), 六郎 帰る(205), 将棋(180), どっち 右京(178), ゴミ 屋敷(155), 帰れる 場所(154), 涙腺 崩壊(127), 東日本大 震災(95), 身元 不明(85), 子豚 搬送(76), 中堂 フォロー(76), 宍戸 犯人(70), 消防 士(70), 将棋 成瀬(65), 伊武 雅刀(58), 敷居 跨ぐ(52), データベース 化(49), 坂本 クソ(49), 中堂 かわいい(41), お父 教え(40), 六郎パパ(36), 鵜飼 教授(34), 法医学(32), 所長 セリフ(31), 無縁仏(29), 葬儀屋 食いっぱぐれ(28), 立派 医者(28), 時期 震災(29), ルミノール 液(29), 週刊 ジャーナル(28), ミッキー カーチス(28)

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

坂本がクソクソ連呼

★3分30秒:盛り上がり度:221
この時点の関連語:坂本(80), クソ(63), 禁止(28), 中堂(21), ムーミン(9), 登場(8), 連発(6), クソクソ(4), 逆襲(4), フローレン(2)

坂本がヘルプとしてUDIにやってきた場面。

神倉は、事前に中堂に「クソ禁止令」を発していた。

しかしやってきた坂本自身がクソを連発する。

坂本「クソ仕方なく、クソ嫌々参りました

うーんイキイキしている。

その後も中堂が「器官がすすの吸引でクソ真っ黒だ」と言い、坂本は「血中のクソヘモグロビン濃度70%です」などと、クソを言い合った。

この時点のSNSでの反応:

坂本さんwwwwwクソ返しwww
坂本さん〜!クソと言い放つ笑顔が素敵
くっそ生き生きしながらクソクソ言ってて草

 

父親が教えたロープ

★45分30秒:盛り上がり度:185
この時点の関連語:三郎(14), 泣ける(14), お父さん(12), ロープ(12), 泣い(11), 涙腺(8), 父さん(7), 崩壊(6), 毎回(6), 消防(6), 士(5), 泣かせ(3), 教え(13), 縛り(3)

火災の全容が判明した。

事件に巻き込まれていたと思われた被害者の三郎だったが、実はそうではなかった。

後頭部の殴打痕は、火災のバックドラフト現象の衝撃でできたものだった。また、生存者についていたロープ痕は、三郎が彼を助けたときのもの。通称、子豚搬送こと背負い搬送縛りの際にできたものだった。三郎が、生存者を搬送したのだ。

 

久部とミコトはこれを、三郎の両親に報告。

すると三郎の父・雅次(木場勝己)は、以下のように話した。

雅次「私は消防士でした。ロープは、私が教えました・・・。覚えとったんやな・・・三郎・・・

息子には罰が当たったのだと思いこんでいた両親だったが、最後に彼は人助けをしていたのだった。

この時点のSNSでの反応:

消防士だった父ちゃんの教えたロープの縛り方で人を救おうとしたんだな…
お父さん直伝のロープ技術!まさになんという絆か…!!(号泣)
父から教わったロープの結び方で……ああ涙が…

 

遙かなる我が家

★48分30秒:盛り上がり度:243
この時点の関連語:六郎(54), おかえり(29), 帰れ(26), 帰る(26), 場所(26), 言葉(12), 美代子(7), 泣ける(6)

この第8話のタイトルは「遙かなる我が家」。

三郎は亡くなってから両親の元へ帰った。

神倉の将棋の師匠であるゴミ屋敷住人・ヤシキ清(ミッキー・カーチス)のもとには、妻・美代子の骨壷が帰ってきた(神倉はヤシキ師匠に将棋で勝ったのだ。久部のおかげか)。

 

一方で久部は、医者になることに躊躇していて、それがもとで父親からは事実上の勘当を言い渡されていた。久部にとっても、実家は「遙かなる我が家」になった。

 

久部がUDIに帰ってくると、東海林や神倉が口々に「おかえり」と言った。久部はその言葉に涙ぐみ、笑った。

この時点のSNSでの反応:

うわー、六郎くんも帰れない人の仲間入りか
おかえりって言ってくれる人たちがいてよかったねぇ
帰れなくなった六郎と還れた美代子さんの対比がやばい
六郎の帰るとこはUDI

 

あなたには帰る家がある

★52分:盛り上がり度:287(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:中堂(38), ドラマ(34), 来週(31), 家(26), 帰る(23), 泣い(19), 六郎(16), 次回(15), 今日(14), 予告(14), 金魚(12), 宍戸(12)

次回予告の後。

来期のドラマが予告された。タイトルは「あなたには帰る家がある」。原作は山本文緒さんによる同名の小説。主演は中谷美紀さん。

 

今回、久部は父親から事実上の勘当を言い渡されていた。そしてラストのシーンではUDIが「帰るべき場所」だという流れだった。

その流れからの「あなたには帰る家がある」。

 

久部には帰る家がある。それはUDIか、それとも?

この時点のSNSでの反応:

この話のあとに、次のドラマタイトルあなたには帰る家があるって…。
タイムリー過ぎるでしょ!狙った?
帰る場所ってどこだろって話の後に新ドラマの題名これかよ!
次のドラマの予告にまで繋がってるとか考えてしまった

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

ストーリーは公式サイトも参考に。

 

今回も、最後は感動的だったのだが途中はかなりショッキングな描写があって辛かったため、あらすじは省略する。

 

今回のラストでは、スーツケースの中から女性が発見され、その口からは「赤い金魚」が見つかった。その様子を、宍戸が見ていた描写もあった。次回につながる。

 

また次回、週刊ジャーナルが、UDIの不正献金疑惑を報じるようだ。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後6分間の各値。

・投稿数:12643(Q1:2538, Q2:2270, Q3:2435, Q4:3924, 放送後6分間:1476)
・ユーザ数:4006(Q1:1026, Q2:1075, Q3:1326, Q4:2071, 放送後6分間:1287)
・SNSでの影響度数(独自指標):10847

初回からの推移図を示します。

SNS影響度の推移図

ユーザ数・投稿数が過去最高だった前回よりはやや減少したが、それでもユーザ数4000超えというすごい数字を残している。

今期SNS上で盛り上がってる2大ドラマはこのアンナチュラルと、松本潤さん主演の「99.9刑事専門弁護士シーズンII」。ユーザ数はアンナチュラルが上回り、投稿数は「99.9」が上回っているという状況である。

以前にも似たようなことを書いたが、「99.9」は松本潤さんという圧倒的スターがいて、周りのキャストがそれを支えるという構造。アンナチュラルは飛び抜けたスターというよりも、キャストそれぞれが輝き週替りでスターを務めるような感じ。

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

初回からの推移図です。

評価の推移図

今回も高い状況を維持している。

ストーリー自体は基本的には暗いにもかかわらず、評価がこれほど高いとはすごい。視聴者がストーリーに感動していることがわかる。

ハイライトを見ても、「クソ」ネタで盛り上がったかと思えば、ラストのロープのくだりでも盛り上がっていて、ストーリー本線とネタのバランスが良いと思う。これは飽きがこない。脚本に込められた意味も、視聴者に届いている感じがする。

さて次回はいよいよ「赤い金魚」の真相でしょうか。

感想・評価アンナチュラル

Posted by tomo