『わろてんか』リリコが将来の相方・四郎と出会う。モデルはミスワカナ・玉松一郎-第100回

感想・評価わろてんか

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

連続テレビ小説(朝ドラ)『わろてんか』第18週・第100回(2018年1月31日8時0分~)の感想・評価の分析記事です。

今回は、リリコ(広瀬アリス)が、将来の相方となる川上四郎(松尾諭)と、道の角でぶつかって出会います。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

伊能栞 役 高橋一生

投稿数:132(1位), ユーザ数:95(1ユーザあたり1.39回)
関連語:伊能(69), 栞(63), 高橋(10), 一生(14), 商会(22), 会社(12), 映画(10), 小林(5), モデル(5)

1位は伊能栞役の高橋一生さん。
彼の会社は伊能商会と改称し、映画事業だけではなく、不動産、百貨店など多角経営しており、日本有数の企業に成長したとのことである。

しかし専務に山下勝利(玉置孝匡)というジャニーズ事務所にいそうな名前の男がいて、彼は社長に不満そうである。

なお伊能栞のモデルは小林一三と言われている。小林一三は阪急・東宝グループの創始者(阪急電鉄、阪急百貨店、東宝、宝塚歌劇団などを抱えた)で大実業家。だがモデルというほど似ているわけじゃない感じではある。

秦野リリコ 役 広瀬アリス

投稿数:106(2位), ユーザ数:78(1ユーザあたり1.36回)
関連語:秦野(0), リリコ(104), 広瀬(4), アリス(5), 相方(12), 失敗(5), 主役(4), 四郎(3)

2位は秦野リリコ役の広瀬アリスさん。
てんは、リリコを軸にした女性による新しい万歳を模索中。相方探しが急務となっている。

なお、今回リリコは「うちが失敗なんかするかいな」というドクターXこと大門未知子的発言をした。

てん 役 葵わかな

投稿数:88(3位), ユーザ数:70(1ユーザあたり1.26回)
関連語:てん(85), 葵(4), わかな(5), リリコ(14)

3位はてん役の葵わかなさん。
伊能商会からリリコを譲り受ける話をつけたおてんさん。
どちらもワンマン経営だから話が早いんだろうなぁ。

杉田楓 役 岡本玲

投稿数:82(4位), ユーザ数:75(1ユーザあたり1.09回)
関連語:杉田(2), 楓(80), 岡本(4), 玲(4), 作家(10), まさか(6), 採用(4), 女流(3), 美女(3)

4位は杉田楓役の岡本玲さん。
新聞記者をしていたが、今回、万歳作家に転身をする。
リリコの万歳を書くことになる。

万丈目吉蔵 役 藤井隆

投稿数:49(5位), ユーザ数:45(1ユーザあたり1.09回)
関連語:万丈目(44), 吉蔵(1), 藤井(5), 隆(2), 部長(12), 作家(5), 出世(4)

5位は万丈目吉蔵役の藤井隆さん。
今回、北村笑店文芸部の部長となった。北村笑店は芸人300人を抱えていて、彼らを支える作家たちも必要となる。
吉蔵は、後輩の作家たちを指導する立場でもあるようだ。

舶来屋キース 役 大野拓朗

投稿数:47(6位), ユーザ数:40(1ユーザあたり1.18回)
関連語:舶来屋(0), キース(47), 大野(0), 拓朗(0), キーちゃん(0), イケメン(12), 美男(9), 漫才(8), 無駄(6)

6位は舶来屋キース役の大野拓朗さん。
無駄にイケメンだと言われていたキースだが、今回は「芸人は顔じゃない」という発言をしている。

川上四郎 役 松尾諭

投稿数:40(7位), ユーザ数:36(1ユーザあたり1.11回)
関連語:川上(1), 四郎(22), 松尾(20), 諭(8), 次郎(10)

7位は川上四郎役の松尾諭さん。
次郎ではなく四郎である。

今回のラストで登場。パンと牛乳を持って路上でデモをしていたところ、リリコとぶつかり、彼女に牛乳をぶちまけた。

この男のモデルは玉松一郎であると思われる。後述のネタバレの箇所で補足する。ビジュアル的にはけっこう、寄せてきた感ある。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:伊能 商会(64), 飛鳥 ちゃん(31), てるおはるお ダウンタウン(23), 次郎 四郎(20), 私 失敗(19), 流行 歌(16), 男尊 女卑(16), 無駄 イケメン(13), 女興 行師(10), 乙女 組(10), トーキー 映画(10), 奥茨 城村(7), 万丈目 部長(5), 牛乳 ドン(4), 専務 クーデター(4), ひじきわかめ(4), 相方 登場(4)

今回は「てるおはるお」や「ひじきわかめ」といったコンビ名の芸人が出てきた。「青空てるお・はるお」は、ダウンタウンがかつて一時期名乗っていたコンビ名。

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

楓、万歳作家の募集に応募

★7分30秒:盛り上がり度:38
この時点の関連語:楓(6), まさか(3), 登場(3)

楓が登場した場面。

てん、トキ(徳永えり)、歌子(枝元萌)によるプロジェクトチームは、女流萬歳作家を募集し、面談をしていた。しかしよい人がなかなか見つからない。

笑いが好きで、文才があって、寄席のことをよく知っている人・・・そんな人が理想だが、いるのだろうか?

そんなとき、ある人が面談に訪れた。新聞記者となっていた楓だ。

てん・トキ「楓さん!?
楓「うちを採用せえへんかったら、北村笑店にとって大損です

昨日のリリコに続いて、なんと都合のよい展開! 思えば都合の良い展開はこのドラマのお家芸だった。

この時点のSNSでの反応:

楓さんキタ━
あー!!そこで楓さんに繋がるんか?!
ここで楓さん登場wwwww

 

北村笑店文芸部、万丈目吉蔵部長

★10分:盛り上がり度:34
この時点の関連語:万丈目(6), 部長(1)

てんが、北村笑店文芸部の創設を発案した場面。

芸人300人のネタを支える作家の卵たちを抱える部署だ。

万丈目「それやったら、わては文芸部の部長でっか?
てん「そうですなあ

沸き起こる拍手。万丈目吉蔵、北村笑店文芸部の部長に就任。

この時点のSNSでの反応:

万丈目はん、文芸部部長就任おめでとうーー!!
万丈目はん、調子のってんなぁwww
文芸部長の肩書きがついて満足した万丈目はんw

 

川上四郎との出合い

★15分:盛り上がり度:45(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:四郎(8), リリコ(4), 牛乳(4), 次郎(4), 松尾(3), 相方(3)

ラストの場面。

トーキー映画の普及によって、無声映画で活動してきた楽士の仕事がなくなってきていた。「楽士を解雇するな! トーキー映画反対!」というデモが起こっていた。

リリコがそんなデモ隊の近くを駆け足で撮影現場に向かっていると、道の角であるどんくさそうな男とぶつかり、その男が持っていた牛乳をぶちまけられた。

リリコはハンカチを貸すが、その男のいかにも気持ち悪そうな風貌を見て、ハンカチを返してもらった瞬間その場から逃走する。

この男こそ、川上四郎である。後述のネタバレのところで補足する。

この時点のSNSでの反応:

曲がり角でパンを持った人とぶつかって運命の出会い?www
あー、牛乳は早く洗わんと…
次郎さん…じゃない、四郎さんキタ━━━

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

 

リリコと四郎は、後にコンビを組むことになる。

以前も書いたが、この二人のコンビのモデルは夫婦漫才のコンビ「ミスワカナ・玉松一郎」である。ミスワカナは4代続くが、最も有名でリリコのモデルだと思われるのは初代(川本杉子)である。

リリコと四郎は後に「ミスリリコ・アンドシロー」を名乗ることになる。なんとわかりやすい。

 

今回のドラマの中では、美男美女による万歳を目指していたが、そうはならない。四郎は決して美男子とはいえない男である。

四郎の北村笑店入りには、伊能栞の口添えがあるようだ。栞にしても、無声映画からトーキー映画(音声入りの映画)に変わるにつれ、多くの楽士(無声映画にあわせて演奏した音楽家)たちの処遇に困っているものと思われる。

 

リリコも、ミスワカナも、家庭の事情で幼い頃から芸をしていたというのは共通している。

四郎のモデルである玉松一郎も無声映画で活動していた。

 

以前書いたように、ミスワカナと玉松一郎は恋に落ちるのが先で、コンビ結成は後。ドラマではこれが逆になり、まずコンビ結成があり、恋に落ちるのは後となる。

 

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後3分間の各値。

・投稿数:927(Q1:129, Q2:199, Q3:233, Q4:219, 放送後3分間:147)
・ユーザ数:320(Q1:89, Q2:122, Q3:154, Q4:143, 放送後3分間:126)
・SNSでの影響度数(独自指標):944

 

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

まずまずの評価となっている。

あの道の角での出会い頭の衝突で出合い、なんていうものがいまどきあるとは思わなかった。最近、開き直ってネタ路線に走っている気がする。それはそれでよいとは思うけど。

新しい流行歌漫才、完成がすごく楽しみ。このドラマで一番の楽しみかも。

感想・評価わろてんか

Posted by tomo