『わろてんか』リリコと四郎、みんなの期待が「怖い」という気持ちで一致し稽古に邁進-第105回

感想・評価わろてんか

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

連続テレビ小説(朝ドラ)『わろてんか』第19週・第105回(2018年2月6日8時0分~)の感想・評価の分析記事です。

今回もミス・リリコ アンド シローのくだりの続きです。また、隼也が北村笑店で修行を始め、風太からは300人の芸人の顔や趣向を覚えるように指令されます。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

秦野リリコ 役 広瀬アリス

投稿数:80(1位), ユーザ数:61(1ユーザあたり1.31回)
関連語:秦野(0), リリコ(79), 広瀬(4), アリス(4), 相方(7), 男前(5), 強い(4), 漫才(3), 信頼(3)

1位は秦野リリコ役の広瀬アリスさん。
ミス・リリコ アンド シローとして稽古に励んでいる。
二人の信頼関係は徐々にできつつあるようだが、漫才の上達はまだまだ・・・というより面白さは最初のころのほうがあった、とおてんちゃんは評価しているようだ。

川上四郎 役 松尾諭

投稿数:77(2位), ユーザ数:51(1ユーザあたり1.51回)
関連語:川上(0), 四郎(21), 松尾(3), 諭(1), シロ(56), 怖い(6), 笑顔(4), 稽古(3)

2位は川上四郎役の松尾諭さん。
稽古に励むシローであるが、みんなの期待が「怖い」とも言う。

伊能栞 役 高橋一生

投稿数:67(3位), ユーザ数:56(1ユーザあたり1.20回)
関連語:伊能(19), 栞(44), 高橋(7), 一生(7), 社長(11), 道楽(8), 寄席(4)

3位は伊能栞役の高橋一生さん。
不動産で得た利益を、トーキー映画に突っ込む。社内には北村笑店との提携を寄席道楽だと批判する動きもあるようだ。
今回もてんに社長の極意を教える場面があった。

てん 役 葵わかな

投稿数:64(4位), ユーザ数:50(1ユーザあたり1.28回)
関連語:てん(58), 葵(7), わかな(9), 老け(4), 社長(6)

4位はてん役の葵わかなさん。
今回はひさしぶりに妹のりん(堀田真由)が登場したのだが、妹のほうが老けているという評判だった。おてんちゃんは若いのだ。

北村隼也 役 成田凌

投稿数:46(5位), ユーザ数:39(1ユーザあたり1.18回)
関連語:隼也(42), 成田(4), 凌(2), 風太(8), 大変(6), 好み(4), 頑張る(3)

5位は北村隼也役の成田凌さん。
風太から厳しくしつけられ、修行に励む。
今回は、芸人たちのお茶くみや御用聞きのようなことをして、彼らの好みをつかんだり顔を覚えたりした。こうやって芸人たちとの信頼関係を築いていく、という方針のようだ。

武井風太 役 濱田岳

投稿数:38(6位), ユーザ数:36(1ユーザあたり1.06回)
関連語:武井(0), 風太(37), 濱田(1), 岳(1), 隼也(9), 覚えろ(4), 芸人(3), 顔(3), 全部(3)

6位は武井風太役の濱田岳さん。
隼也を、厳しく指導する風太である。
最近ちょっと頭が固くなっちゃってるのが気がかりである。

りん 役 堀田真由

投稿数:37(7位), ユーザ数:30(1ユーザあたり1.23回)
関連語:りん(37), 堀田(0), 真由(0), スポンサー(4), 老け(4), 見える(3)

7位はりん役の堀田真由さん。
おてんちゃんより老けてきたと評判の妹、りん。
藤岡屋改め藤岡製薬が、「月刊キタムラ」に広告を出すスポンサーになってくれるようだ。薬品だけではなく、化粧品事業にも進出する模様。
月刊キタムラの編集長は万丈目吉蔵(藤井隆)であり、編集部員として楓(岡本玲)もいる。現在の「マンスリーよしもと」みたいなものですね。

万丈目歌子 役 枝元萌

投稿数:21(8位), ユーザ数:21(1ユーザあたり1.00回)
関連語:歌子(20), 枝元(0), 萌(1), 心配(3)

8位は万丈目歌子役の枝元萌さん。
伊能栞を働きすぎだと心配する歌子だった。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:寄席 道楽(19), ビフテキ(18), 藤岡 製薬(13), リリコ 男前(11), 伊能 商会(10), 有働 イノッチ(7), 文芸 部長(7), 社長 道楽(7), ブロマイド(7), ビフテキ でかっ(7), 風太 隼也(5), 雑誌 広告(4), 海老 フライ(4), プレッシャー(4), 藤岡 化粧(3)

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

男前なリリコ

★13分:盛り上がり度:29
この時点の関連語:リリコ(11), 道楽(6), シロー(6), 社長(4), 寄席(4), 四郎(4), 男前(3)

リリコと四郎の会話の場面。

四郎は、社長やみんなが自分たちのために頑張っている、その期待が怖いという。

四郎「君は、怖ないんか?
リリコ「怖いわ。けど、相方のあんたも怖いんやったらちょうどええ
四郎「ちょうどええ?
リリコ「二人して死ぬ気で頑張るだけや

 

リリコ、腹が据わっている。

その後、小屋の脇で一生懸命に練習する二人の姿があった。

この時点のSNSでの反応:

リリコと四郎の絆が深まってく様子、凄く良いな…
リリコちゃんが男前
徐々に、相方に、なってきているふたり

 

巨大なビーフステーキ

★15分:盛り上がり度:44(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:ビフテキ(7), ステーキ(5), リリコ(4), でっかい(2)

洋食マンマンにて。てんと栞の会話の場面。

てんは、リリコと四郎がまだうまくいってないことを栞に打ち明ける。四郎のしゃべりは上達したが、まだ最初のころのほうが面白くて、勢いがあった、と。

栞「その勢いの正体はなんだろう。おてんさんが面白いと感じたその勢いの理由をつきつめるんだ。そうすれば、必ず問題は解決する。これも、社長の極意かな(笑顔)

そこに歌子が「おまっとうさーん。特上のビーフステーキでっせ!」と巨大なビーフステーキを二人に持ってきた。
歌子は「社長さんお二人には、元気に働いてもらわんなんから」と言った。

めっちゃ大きくて美味しそうなビーフステーキだった。

この時点のSNSでの反応:

なんだあのでかいステーキは!
うわああでっかいビフテキ
迫力のビフテキやなおてんちゃんもそれ喰うんか!

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

前回の記事のネタバレ解説の箇所に、吉本興業(北村笑店のモデル)と、阪急東宝グループ(伊能商会のモデルだと思う)との、史実上の人事交流について書いてあるので参考に(前回の記事はこちら)。

 

今回は、風太が隼也を厳しく指導する場面があった。

隼也のモデルとされているのは、吉本せい(てんのモデル)の次男の吉本泰典(穎右)。史実上、彼の指導役だったのは風太のモデルである林正之助(てんの実弟)ではなくて、その弟で吉本興業第3代社長の林弘高(林勝)。泰典と弘高はおい、おじの関係にあたる。

以前の記事では、隼也のモデルは単に穎右ではなく、穎右と弘高の二人を足したような人物ではないかとも推測した。第90回の記事も参考に。

 

ただ、その後のストーリーなどを見ると、やっぱり穎右に近いのかなと。史実では、穎右は24歳で闘病の末に亡くなるが、ドラマではそこまでの悲劇にはならないようだ。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後3分間の各値。

・投稿数:589(Q1:82, Q2:116, Q3:141, Q4:155, 放送後3分間:95)
・ユーザ数:237(Q1:64, Q2:81, Q3:91, Q4:105, 放送後3分間:91)
・SNSでの影響度数(独自指標):620

 

ここ2回は、ユーザ数、投稿数ともにやや低調に推移している。

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

今回も、ミス・リリコ アンド シローの成長のくだりがメインで描かれた。

このコンビを中心に、みんなが思案し行動したり、気にかけたりする(キース・アサリもそうだ)という展開。

芸人の成長が前向きに描かれていて、個人的には好きな展開(雨降って地固まる的展開より好き)。漫才の完成が楽しみですね。

感想・評価わろてんか

Posted by tomo