『わろてんか』ミス・リリコ アンド シロー、宮川大助・花子スタイルのヒントを得る-第106回

感想・評価わろてんか

スポンサーリンク

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

連続テレビ小説(朝ドラ)『わろてんか』第19週・第106回(2018年2月7日8時0分~)の感想・評価の分析記事です。

引き続き、リリコと四郎の漫才のくだり。今回は、二人の漫才スタイルのヒントとなるような出来事がありました。二人のモデルはミスワカナ・玉松一郎だと言われていますが、宮川大助・花子っぽいという説も。

また、コンビの二人は、お互い徐々に信頼関係を築いている模様。特にリリコは、四郎に目覚めたのか・・・?


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

てん 役 葵わかな

投稿数:106(1位), ユーザ数:74(1ユーザあたり1.43回)
関連語:てん(101), 葵(6), わかな(8), 漫才(12), アドバイス(11), 隼也(13), 冷やし(7), 思い(5), 売店(3)

1位はてん役の葵わかなさん。
今回は、第44話であった冷やし飴を売るシーンの回想があった(第44回の記事参照)。
思えばてんは商売の才能があった。

息子の隼也も、売店の売上拡大に挑む。

秦野リリコ 役 広瀬アリス

投稿数:98(2位), ユーザ数:79(1ユーザあたり1.24回)
関連語:秦野(0), リリコ(98), 広瀬(5), アリス(5), 漫才(15), 相方(9), 弁当(6), 好き(4), 料理(4), 夫婦(3)

2位は秦野リリコ役の広瀬アリスさん。
今回は、相方の四郎におにぎりを作ってきたりした。形は悪かったが、あれがいいのだ。

また、すぐに冗談だとは言ったが、「うちも(四郎と一緒にドイツに)ついて行こうかな」などと言ったりしたリリコ。 まさか、早くも四郎を好きになってる・・・?

川上四郎 役 松尾諭

投稿数:79(3位), ユーザ数:59(1ユーザあたり1.34回)
関連語:川上(0), 四郎(22), 松尾(7), 諭(4), シロー(56), ドイツ(8), 相方(4), 音楽(3), 上手(3), 夫婦(3)

3位は川上四郎役の松尾諭さん。
漫才のしゃべりは上達しつつあるが、いまいち面白くない。
今回は、てんから新しいタイプの漫才を提案される。

北村隼也 役 成田凌

投稿数:70(4位), ユーザ数:55(1ユーザあたり1.27回)
関連語:隼也(62), 成田(6), 凌(5), 饅頭(6), 似顔(6), 絵(10), アドバイス(5), 売店(5), 上手(4), 息子(3)

4位は北村隼也役の成田凌さん。
似顔絵がうまい隼也。
今回は、風太から売店勤務を命じられた。
どうやったら売上を伸ばすことができるか。商売のセンスが問われる。

万丈目歌子 役 枝元萌

投稿数:54(5位), ユーザ数:43(1ユーザあたり1.26回)
関連語:歌子(54), 枝元(0), 萌(1), 漫才(7), 万丈目(7), 夫婦(5), 面白(4), 弁当(4)

5位は万丈目歌子役の枝元萌さん。
実にうまそうな弁当を作る歌子。
今回は、夫の吉蔵(藤井隆)を叱りつける場面もあった。
これが漫才のヒントとなる。

潮アサリ 役 前野朋哉

投稿数:47(6位), ユーザ数:42(1ユーザあたり1.12回)
関連語:潮(0), アサリ(47), 前野(1), 朋哉(1), アドバイス(15), 師匠(10), 饅頭(4), 的確(3)

6位は潮アサリ役の前野朋哉さん。
さすが大看板。ミス・リリコ アンド シローのダメなところをてんに教えた。的確なアドバイス。

舶来屋キース 役 大野拓朗

投稿数:46(7位), ユーザ数:41(1ユーザあたり1.12回)
関連語:舶来屋(0), キース(46), 大野(1), 拓朗(1), キーちゃん(0), 師匠(11), 的確(4)

7位は舶来屋キース役の大野拓朗さん。
キースとアサリは北村笑店の大看板。

隼也は彼らの似顔絵を書いていた。それが売店の饅頭の売上向上につながるのか・・・?

亀井庄助 役 内場勝則

投稿数:31(8位), ユーザ数:30(1ユーザあたり1.03回)
関連語:亀井(3), 庄助(0), 亀さん(28), 内場勝則(0), アドバイス(6), 隼也(9), 冷やし(5), 飴(3)

8位は亀井庄助役の内場勝則さん。
隼也に、てんがかつて冷やし飴を氷の上で転がして売ったのだ、と教えた。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:大助 花子(52), 冷やし 飴(28), しゃべらん 漫才(25), リリコ おにぎり(18), 夫婦(18), 弁当(18), 歌子 万丈目(13), 的確 アドバイス(13), 宮川 大助(13), 絵 上手(10), アドバイス くれる(10), モンシロチョウ(8), リリコ 弁当(7), リリコ 料理(7), 素敵(5), 隼也 饅頭(5), 宮川 花子(5), 夫婦 善哉(4), 絵 そっくり(4), アコーディオン(3)

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

大師匠たちのアドバイス

★2分30秒:盛り上がり度:19
この時点の関連語:アサリ(4), 師匠(3), キース(3), アドバイス(2), 分析(2)

キースとアサリが、てんに助言する場面。リリコと四郎の漫才について。

アサリ「(台本は面白いが)おもろい本をちゃんとやろうとするから、力が入りすぎるんや
キース「失敗せんように必死やから、それが伝わって、観ている方も緊張してまう
てん「確かに

この時点のSNSでの反応:

さすがアサリキース師匠の話は説得力ありまんなぁ
キースアサリが良い大御所に
肩に力入ったら笑えない

 

冷やし飴ゴーロゴロ

★7分30秒:盛り上がり度:35
この時点の関連語:亀さん(8), 隼也(7), 饅頭(5), アドバイス(3)

風太から売店勤務を命じられた隼也。どこにでもありそうな饅頭を売る仕事。こんなもん売れるか、と不満そうにしていると亀井がやってきた。

亀井「『冷やし飴ゴーロゴロ』や。当たり前の品をどう買うてもろうか、それには工夫が必要でっせ。ボンのお母ちゃんみたいにな

懐かしの回想シーン。第44回の記事参照。

隼也はそれを聞いて、何かを考えているようだった。

この時点のSNSでの反応:

亀さんさりげなく隼也にアドバイス
冷やし飴、懐かしいですなぁ
風太に亀さんに、隼也は周りに恵まれてるね

 

夫婦喧嘩が漫才のヒントに

★13分:盛り上がり度:46(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:歌子(14), 漫才(12), 夫婦(6), ツノ(4)

歌子と吉蔵の夫婦喧嘩のシーン。
喧嘩というより、歌子が一方的に攻める。

歌子「それでよう編集長が務まりまんなあ!
吉蔵「そないな言い方・・・
歌子「ああ、もう! 編集長でもモンシロチョウでもいいからさっさと仕事行き!! さっさと行かんと・・・!! 走っていくんやで!!
吉蔵「はい・・・

この夫婦喧嘩が、リリコと四郎の漫才のヒントとなるようだ。四郎がしゃべらない、「しゃべらん漫才」に。

この時点のSNSでの反応:

万丈目さんと歌子さんのやりとり、天然の漫才だな
万丈目夫妻は存在自体が漫才
普通の会話が漫才の万丈目夫妻w

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

リリコとシローのモデルである、ミスワカナ・玉松一郎は、コンビを組む前には恋人だった。

 

リリコとシローは、宮川大助・花子に類似するという指摘も多い。

宮川大助・花子は、夫がウスノロ、かかあ天下の妻がそれにキツくツッコむ、という芸風がおなじみだが、コンビ結成当初はそうではなかった。

むしろ大助が喋っていたのだ。その後しばらくして花子が喋るようになった。

 

花子は、ミスワカナの再来と言われたこともあるぐらい。

だからこのミス・リリコ アンド シローは、宮川大助・花子を想起させ、あるいは間接的にモデルとなっているとも考えられる。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後3分間の各値。

・投稿数:681(Q1:67, Q2:128, Q3:184, Q4:223, 放送後3分間:79)
・ユーザ数:237(Q1:49, Q2:80, Q3:122, Q4:135, 放送後3分間:76)
・SNSでの影響度数(独自指標):705

 

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

今回は懐かしの冷やし飴売りの回想があって、隼也もそれを知って何か感じてくれたみたいでよかった。

宮川大助・花子は、花子がキツイと感じることがあるが、ああ見えて実は大助がネタを作っている、と聞いたことがある。リリコとシローも、リリコ主導でシローにキツイこと言う漫才であったとしても、その内側には信頼関係がある、というのが見えそうで嬉しい。