『わろてんか』第12回-新一兄さんがナレ死、ハツは自由な恋愛を始める

感想・評価わろてんか

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『わろてんか』第2週・第12回(2017年10月14日8時0分~)を視聴した感想・評価の記事です。

いよいよ第2週もラストですね。別れと再会がありました。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度を測ります。

1位はてんの兄・藤岡新一役の千葉雄大さん。てんのことを優しく見守っていた兄。贈り物を残して、旅立つ。

 

2位は伊能栞役の高橋一生さん。てんとの縁談はなくなったと思ったのだが、藤岡屋を訪ねてきた。

3位は藤岡てん役の葵わかなさん。主演です。インスタに女中のおトキちゃん(徳永えり)と妹のりん(堀田真由)とのスリーショットがあったので。

 

4位は北村藤吉役の松坂桃李さん。てんちゃんと運命の再会を果たす。

 

5位は武井風太役の濱田岳さん。てんちゃんへの恋心、最近隠しきれてないぞ。

 

6位はてんの祖母・藤岡ハツ役の竹下景子さん。今回、伊能栞に惚れてしまったようだ。

7位はてんの父・藤岡儀兵衛役の遠藤憲一さん。8位はてんの母・藤岡しず役の鈴木保奈美さんでした。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含む)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯が確認できます。

最初のほうで盛り上がりが頂点を迎えます。以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

新一兄さんがナレ死

★1分(盛り上がり度:148。今回最高の盛り上がり)

いきなり、てんが、仏壇の新一にかやくご飯を供えるシーンから始まった。

ナレーションにて「儀兵衛さんの笑い声がこの家に響いてからほどなく、新一は家族の笑顔につつまれ、静かに息を引き取った」と伝えられた。

ナレ死」である。「ナレ死」とは、亡くなる場面が直接描かれることなく、ナレーションにて説明されるのみのことを意味する。

 

この時点のSNSでの反応:

新一ナレ死とかーー
まさかのナレ死
新一ロスや

 

新一兄さん今までありがとう。新一兄さんのこれまでの活躍について、以下の記事にまとめておいたので参考にして下さい。ご冥福をお祈りします。

 

伊能栞が藤岡屋を訪ねる

★4分30秒(盛り上がり度:102)

新一の死去を受け、てんは「立派なお婿さんもろて、藤岡屋を守る」と決意。

その決意を聞いていた風太は「ええ婿て誰や? まさか・・・」と自分が指名されるのではないかという顔つきに。

そんな風太の期待をよそに、てんは「伊能さんや!」と。

 

てんは栞に手紙を書いたという。だが風太は、そんなにうまくいくはずがないと言い、「お前と藤岡屋のことは俺がなんとか・・・」と、立候補を匂わせた。

その時、「ごめんください」と誰かが訪ねてきた。

 

あのステッキ。蝶ネクタイ。栞だ。

 

この時点のSNSでの反応:

ステッキ持ってきたああああああ
蝶々結びの貴公子キター
栞さん、キタ━━━

 

自由な恋愛

★11分(盛り上がり度:132)

栞は儀兵衛と面会。

実はてんは、新一の論文を栞に送っていた。その論文に感銘を受けたという栞。栞は新一の意思を継ぎ、創薬事業と研究に投資をしたい、と申し出てきた。

 

ただし縁談については、「西洋の自由な恋愛に憧れておりまして、これから先ご縁があるなら自然とそうなるでしょうし、あとはお互いの心の声に任せたい」とのことだった。

うっとりとした様子で栞の話を聞いていたハツおばあちゃんだが、突然「はっ! てんがあかんかったらこれ、りんでどうですやろ?」と言いだし、さらに「後家でよければわてもおります」と、早速、自由な恋愛を始めた。

 

この時点のSNSでの反応:

ばあちゃんwww
おばあ様グイグイいきすぎwwwwww
おばあちゃんも候補wwwww

 

栞はてんに興味がないわけではないらしい。ただ、栞は「君は他に思いを寄せる人がいるようだったから」と。あの旅芸人だ。もうすぐ薬まつりだ。

 

8時14分の男

★15分(盛り上がり度:114)

てんが路上で、藤吉からもらった鈴をぼんやり見つめていると、後ろからぶつかってきたやつがいた。

てんが落とした鈴を拾ったのは、藤吉だった。(この時、時刻はちょうど8時14分になったばかり。藤吉は第1回、第2回となぜか8時14分頃に登場し、一部では「8時14分の男」と呼ばれていたのだ)

 

てん「藤吉さん?

藤吉「おてんちゃん?

 

運命の再会。

次週、怒涛の第3週は、藤吉との恋、そして儀兵衛から勘当されてしまう!? 色々事件があるようだ。

 

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化を目的に掲載しています。再掲します。

新一 兄さん 兄ちゃん ナレ死 亡くなる」「千葉雄大 退場 早い」「伊能栞 登場」「西洋 自由恋愛」「藤吉 再会」などのコメントが多く投稿された。

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

全体的に平均よりやや高めとなっている。

新一兄さんがナレ死だったことには、不満の意見もあるようだ。

今回は都合のよい展開が2度もあった。タイミングが良すぎる栞の登場。そしてタイミングが良すぎる藤吉の登場。

このドラマは都合の良さを「いえいえこれがロマンスというものです」で片付けた実績があるので、視聴者はいくら都合が良くてももう何も思わないと思う。

 

ここ数回は、新一兄さんの病状を心配したり、おてんちゃんのやや不自然な笑いの演技を心配したりと、心配事が多かった。来週は怒涛の展開のようですので、楽しみです。