『わろてんか』毎週土曜日に現れる幽霊・藤吉(松坂桃李)のまとめ及び第121回感想・評価

感想・評価わろてんか

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

連続テレビ小説(朝ドラ)『わろてんか』第21週・第121回(2018年2月24日8時0分~)の感想・評価の分析記事です。

今回も幽霊として藤吉(松坂桃李)が登場しました。彼はもはや、毎週土曜日のレギュラーになってます。そこで、この記事では、これまでの幽霊藤吉の言動などもまとめておきます。後述の「土曜日レギュラー幽霊藤吉のまとめ」参照。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

 

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

北村藤吉 役 松坂桃李

投稿数:158(1位), ユーザ数:130(1ユーザあたり1.22回)
関連語:藤吉(147), 松坂(10), 桃李(12), 幽霊(22), 土曜(13), 召喚(12), 日(10), 登場(8), 成仏(8), 毎週(6), レギュラー(3)

1位は北村藤吉役の松坂桃李さん。
毎週土曜日は、幽霊の藤吉が召喚される日になっている。

1月27日(土)に亡くなり、その後、毎週土曜日に幽霊として登場している。詳しくは後述の「土曜日レギュラー幽霊藤吉のまとめ」にまとめます。

 

てん 役 葵わかな

投稿数:128(2位), ユーザ数:91(1ユーザあたり1.41回)
関連語:てん(121), 葵(5), わかな(7), 藤吉(29), 自分(12), 駆け(10), 落ち(9), 隼也(12)

2位はてん役の葵わかなさん。
自分は駆け落ちしたのに、隼也には諦めさせるとは・・・という視聴者の声が。

秦野リリコ 役 広瀬アリス

投稿数:102(3位), ユーザ数:80(1ユーザあたり1.28回)
関連語:秦野(1), リリコ(99), 広瀬(6), アリス(6), シロー(23), 四郎(18), スカーフ(14), 恋仲(6)

3位は秦野リリコ役の広瀬アリスさん。
四郎が告白してきた。が、アウアウ言ってるのを見て、しびれを切らして自分から「恋仲になってもええで」と言ってあげた。

北村隼也 役 成田凌

投稿数:101(4位), ユーザ数:74(1ユーザあたり1.36回)
関連語:隼也(96), 成田(7), 凌(7), 藤吉(14), 来週(9), 駆け(8), 落ち(8), 別れ(6)

4位は北村隼也役の成田凌さん。
つばきとは別れたはず(まあ、付き合ってもないのだが)だった。
だが、お互い気持ちを抑えられない描写もあった。

川上四郎 役 松尾諭

投稿数:101(5位), ユーザ数:80(1ユーザあたり1.26回)
関連語:川上(0), 四郎(36), 松尾(4), 諭(4), シロー(65), リリコ(37), 落ち着け(5), スカーフ(4), 頑張れ(4), 恋仲(3)

5位は川上四郎役の松尾諭さん。
リリコに告白しようとして、アウアウしてしまう。

加納つばき 役 水上京香

投稿数:73(6位), ユーザ数:54(1ユーザあたり1.35回)
関連語:加納(1), つばき(71), 水上(4), 京香(4), 隼也(25), 来週(9), 別れ(7), 駆け(5), 落ち(5)

6位は加納つばき役の水上京香さん。
隼也から贈られたペンダントを身につけ、何かを思う。
恋は終わらない。

伊能栞 役 高橋一生

投稿数:53(7位), ユーザ数:47(1ユーザあたり1.13回)
関連語:伊能(6), 栞(44), 高橋(6), 一生(8), パートナー(8), 運命(5), 共同(5), 体(3), 遠慮(4), プロポーズ(3)

7位は伊能栞役の高橋一生さん。
てんに「僕たちは(仕事上の)パートナーだ」と言ったが、一部視聴者にはこれが栞様からてんへのプロポーズに聞こえたようだ。

栞はてんに、ともにマーチン・ショウに巨額の出資をする「運命共同体」だと言い、「なんでも相談してほしい」と。

 

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:駆け 落ち(61), 幽霊(48), マーチン ショウ(31), 味噌 汁(28), 土曜 日(27), 運命 共同体(25), 藤吉 召喚(22), 藤吉 幽霊(19), スカーフ(14), 成仏(14), 落ち着け(11), 藤吉 成仏(8), ペンダント(7), 武具 馬具(7), 土曜 レギュラー(7), リリコ 恋仲(5), 栞様 プロポーズ(4), 栞様 テーマ(4), パートナー 宣言(4), カジュアル 幽霊(4)

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

リリコと四郎が交際へ

★8分30秒:盛り上がり度:59
この時点の関連語:シロー(9), リリコ(9), 四郎(8), 落ち着け(5), 最高(3), 言い(3)

四郎がリリコに告った場面。

四郎はアウアウしながら、「お、お、おかゆさんだけやのうて、ご飯炊いてもらういうか・・・僕に、僕に・・・味噌しっ・・・味噌・・・味噌・・・、ああああ、あかん」と言った。

リリコは「何の話や!?」と。四郎は「ごめんなさい」と言って引き下がったが、そこでリリコが「ええで。あんたと恋仲になったっても」と言った。

四郎は驚き「えええええええええ!!」と叫んだ。そして走っていき、喜びのあまり大暴れしたようで、何かがバリンと割れる音がした。

ここで「栞様のテーマ」(BGM)が流れた。確かにちょっとファンファーレっぽいからな。

直後には、マーチン・ショウの契約成立を手土産に、栞様が登場した。

この時点のSNSでの反応:

四郎!リリコ!www最高です!www
四郎さん絶叫wwwww
シローさん、おめでとうございます

 

幽霊藤吉、また土曜日に出現

★11分30秒:盛り上がり度:69(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:藤吉(36), 出(11), 幽霊(9), 召喚(7), 成仏(4)

てんが仏壇の前で例の鈴を鳴らすと、やっぱり幽霊藤吉が登場した。

てんは隼也に嫌われたんじゃないかと悩んでいた。幽霊藤吉は「難しいな。俺らの時は親の反対を押し切って飛び出してしもたけどな。隼也は親にしたごうて、自分の気持ちに蓋してしもうた。どっちが辛いんか、俺にはようわからん」と。

幽霊藤吉は「今更やけど、てんのお母ちゃんやお父ちゃんの気持ち、ようわかるな。親になったら子供の気持ちも家のことも考えなあかん。ほんま、難しいわ」とも言った。

てんは「でも隼也を北村笑店の立派な跡継ぎにするのが、藤吉はんとの約束ですから」と言う。

すると幽霊藤吉は「うん・・・約束やな・・・俺のせいや。ははは、俺のせいやないかそれ」とノリツッコミした。そして消えた。

この時点のSNSでの反応:

土曜日の藤吉キターーーーーーwwww
相変わらずカジュアルに出てくるな
今週も出ました!

 

こちらの恋も終わらない

★15分:盛り上がり度:43
この時点の関連語:隼也(11), 来週(7), 引っ張る(4), 終わら(3), やっぱり(3), ペンダント(2), つばき(2), 駆け(2), 落ち(2)

次週予告の場面。

隼也とつばきの恋は終わらないことが、示唆されていた。

この時点のSNSでの反応:

隼也の恋の話はこれで終わりと見せかけて… 来週に引っ張るのかw
あれ、来週駆け落ち!?
隼也とつばきさんの結末早よ見たい

 

土曜日レギュラー幽霊藤吉のまとめ

藤吉は、(リアルの世界の日付で)2018年の1月27日(土)に息を引き取った(第97回)。「なんや、幸せで眠とうなってきたわ。北村笑店のこと、隼也のこと、頼むな」と言い残した。

 

翌週2月2日(金)のラストで初めて幽霊として登場し、日をまたいで2月3日(土)にはてんに「北村笑店がここまで大きくなったのはお前の力や。(リリコと四郎を)諦めたらあかん」と助言(第103回)。

 

その次の2月10日(土)には、リリコ・シローの成功があり、てんに「ようやったな。これで世間に認められる北村笑店の女社長や。立派な興行師や。隼也のこと、北村のこと、頼むな」と言って去り成仏したはずだった(第109回)。

 

しかし2月17日(土)には、隼也が詐欺事件にひっかかった後、てんの前にまたまた藤吉が現れ、土下座して「すまん! この通りや。隼也のやつ、若い頃のおれとあかんとこまったく同じやわ(電髪事件のこと)」「子供がどんな失敗しても最後まで信じてやれるのは親だけや。たのんだで」と言って消えていた(第115回)。

 

そして今回(第121回)、前述のように隼也とつばきを別れさせたてんに、助言(!?)か自虐ネタかわからないけど、言って去っていった。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

 

何度も書いている通り、リリコと四郎のモデルはミスワカナ・玉松一郎であり、二人の恋は成就する。

四郎とリリコは来週、結婚。

同時期に、四郎は上海の楽団に誘われていて、夢でもある演奏機会を求めて上海行きを決意するのだが、リリコは彼についていく決断をする。

 

一方、隼也とつばきの恋は、結局、駆け落ちに至る。

二人のモデルについては第112回の記事を参照。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後3分間の各値。

・投稿数:893(Q1:78, Q2:144, Q3:256, Q4:285, 放送後3分間:130)
・ユーザ数:310(Q1:60, Q2:83, Q3:145, Q4:199, 放送後3分間:122)
・SNSでの影響度数(独自指標):937

 

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

今回は、リリコと四郎が交際に至った。このドラマでは、てん・藤吉のカップルが(最初は)なかなか応援しがたいカップルだったが、風太・トキといい、リリコ・四郎といい、主人公以外に魅力的なカップルが出てくる。

リリコ・四郎はお互い40代と思われる。おめでとうございます。

また、今回書いたとおり土曜日レギュラーの藤吉っつあん、順調に行けばあと2回(来週の土曜日と、最終回)ぐらいは出て来るのかなと思われます。

感想・評価わろてんか

Posted by tomo