『わろてんか』工藤(栗原英雄:真田丸の叔父上役)、山下勝利専務(玉置孝匡)を調略か-第132回

感想・評価わろてんか

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

連続テレビ小説(朝ドラ)『わろてんか』第23週・第132回(2018年3月9日8時0分~)の感想・評価の分析記事です。

引き続きわろてんか隊の上海慰問のくだり。

一方、伊能商会には異変があります。前からあった新世紀キネマとの業務提携話。栞はかわしていたのですが、先方の工藤(栗原英雄)という男の話を、伊能商会専務の山下勝利(玉置孝匡)が勝手に聞いて・・・。

二人を演じる俳優さんは、いずれも大河ドラマ「真田丸」に出てました。詳しくは後述。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

武井風太 役 濱田岳

投稿数:122(1位), ユーザ数:92(1ユーザあたり1.33回)
関連語:武井(0), 風太(108), 濱田(17), 岳(16), 笑い(17), 帰っ(11), 少佐(9), 薬(9), 一足先(8), 今日(8), 日本(7), ネタ(5), 芸人(5), アドリブ(5), 帰国(4), 内地(4), 前説(4), 藤吉(4)

1位は武井風太役の濱田岳さん。
笑いは薬だと、阿久津少佐を説得して衣装の使用を許してもらう。

直後に放送された「あさイチ」に出演。
一足先に日本に帰ってまいりました。風太です。わろてんかのみんな、朝、起きれたよ!」と挨拶した。前日のリリコさんに心配されていた。

秦野リリコ 役 広瀬アリス

投稿数:87(2位), ユーザ数:69(1ユーザあたり1.26回)
関連語:秦野(0), リリコ(84), 広瀬(5), アリス(6), シロー(20), 四郎(13), 夢(9), 漫才(9), ミス(7), 僕(6), 風太(6), 手紙(5), ドシロー(5), ツンデレ(4)

2位は秦野リリコ役の広瀬アリスさん。
慰問の後、日本に帰ることになるようだ。

てん 役 葵わかな

投稿数:73(3位), ユーザ数:60(1ユーザあたり1.22回)
関連語:てん(69), 葵(6), わかな(7), 風太(9), 笑い(8), ネタ(6)

3位はてん役の葵わかなさん。

阿久津少佐 役 八十田勇一

投稿数:62(4位), ユーザ数:44(1ユーザあたり1.41回)
関連語:阿久津(12), 少佐(55), 隆一(0), 八十田(0), 勇一(0), 殿(9), 風太(9), 名古屋(6), ネタ(4)

4位は阿久津少佐役の八十田勇一さん。
今回は、リリコとシローが名古屋弁の漫才をしたのだが、彼の出身地も名古屋だった。方言がでた。

最後はわろてんか隊の楽屋を訪ね、脱帽して礼を言った。

川上四郎 役 松尾諭

投稿数:57(5位), ユーザ数:55(1ユーザあたり1.04回)
関連語:川上(0), 四郎(14), 松尾(1), 諭(2), シロー(43), リリコ(29), 漫才(9), プロポーズ(3), 夢(6)

5位は川上四郎役の松尾諭さん。
かつての夢は楽士だったが、今はずっとリリコのそばにいることになってるようだ。

伊能栞 役 高橋一生

投稿数:40(6位), ユーザ数:36(1ユーザあたり1.11回)
関連語:伊能(15), 栞(24), 高橋(3), 一生(5), 専務(7), 山下(4), 裏切る(4), 信頼(3)

6位は伊能栞役の高橋一生さん。
新世紀キネマとの提携をのらりくらりとかわし続ける栞。
専務の山下勝利(玉置孝匡)が怪しい動きをしている。

万丈目吉蔵 役 藤井隆

投稿数:31(7位), ユーザ数:28(1ユーザあたり1.11回)
関連語:万丈目(29), 吉蔵(2), 藤井(1), 隆(2), 用紙(4), 原稿(4), 漫才(4), 台本(4)

7位は万丈目吉蔵役の藤井隆さん。
専用の原稿用紙、その名も「万丈目原稿用紙」が存在する。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:笑い 薬(41), 山下 専務(25), 名古 屋弁(19), 原稿 用紙(19), 一足先 日本(16), キース アサリ(13), 次 慰問(13), 叔父 上(13), 優しい 恋女(12), 恋女 房(13), 業務 提携(10), 上海 慰問(8), フラグ(8), オリジナル 原稿(7), 直談 判(7), 新しい 趣向(7), アドリブ 笑(5), 電話 主(4), うしろ 面(4)

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

山下専務、工藤の調略に乗る?

★9分:盛り上がり度:43
この時点の関連語:専務(13), 山下(6), 電話(4), 裏切る(3), 暴走(3), 勝手(3), 調略(2), 叔父(2)

伊能商会の山下勝利専務が、怪しい動きを見せた場面。

山下は新世紀キネマとの提携話を進めたいようだが、社長の栞はかわし続ける。

そのうち、先方から栞に提携話に関する電話がかかってきたのだが、山下はこの電話に「私が代わりに話を伺わせていただきます」と言って引き受けた。

 

電話の声の主は工藤(栗原英雄)。

栗原さんは大河ドラマ「真田丸」での真田信尹役が記憶に新しい。主人公・真田信繁(源次郎)の叔父の役である。真田家当主・真田昌幸のもとで諜報・調略活動に暗躍した。また彼が調略に動いたか。

なお山下専務役の玉置孝匡さんも「真田丸」に島左近役として出演。

この時点のSNSでの反応:

専務、暴走?
山下!?あんたまさか…!?
山下専務はずっと栞の下にいるよね。ここに来て裏切るのかな

濱田岳さん、あさイチに出演

★15分:盛り上がり度:48(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:風太(6), 少佐(4), 地(4), 名古屋(3)

放送終了後、あさイチに風太役の濱田岳さんが登場した。

風太「おはようございます。一足先に日本に帰ってまいりました。風太です。わろてんかのみんな、朝、起きれたよ!

この日のプレミアムトークゲストだった。

この時点のSNSでの反応:

帰国早いw
風太〜さっぱりしてるw
引き続き 風太

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

今回のラストでは、わろてんか隊が日本に帰還するという話が伝わっていた。

3日後に神戸港に着くとのこと。とりあえず今回は無事かな。

ところがこの後、第2陣の派遣を要求されることになる。北村商店は再び慰問団を送ることになる。

 

今回、戦意高揚のための脚本を書くのに躊躇する場面があった。史実では、本音かどうかはわからないにしても、やはりそのような脚本ができている。

キース・アサリのモデルといわれるエンタツ・アチャコは、「皇軍兵士が日本刀を振りかざして敵陣に切り込む心境は、考えるだけでも勇ましいやおまへんか」「まったく、身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」といった漫才も演じた。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後3分間の各値。

・投稿数:795(Q1:82, Q2:173, Q3:172, Q4:197, 放送後3分間:171)
・ユーザ数:264(Q1:55, Q2:106, Q3:114, Q4:119, 放送後3分間:134)
・SNSでの影響度数(独自指標):770

 

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

今回は「笑いは薬」を体現するストーリー。

阿久津少佐が名古屋出身だがね、ってことでオチもついた。

前述のネタバレのところでちょっと書いたが、やっぱり戦意高揚につながる芸をすることに肯定的な人もいたと思われる。このドラマでいえばアサリとか。もちろんそれを嫌悪する人もいて。要するに人々の心の分断。そういうのが描かれると心にグサグサ来そう。

伊能商会もそうですね。意見対立。調略。どうなるんだろう。

感想・評価わろてんか

Posted by tomo