『わろてんか』伊能栞が北村社員としてアメリカへ。「観客に色付きの夢を」-第140回

感想・評価わろてんか

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

連続テレビ小説(朝ドラ)『わろてんか』第25週・第140回(2018年3月19日8時0分~)の感想・評価の分析記事です。

前回までに窮地に陥った栞。自分がいる限り、北村の映画は検閲を通らないと考えたのか、辞表を提出します。しかしてんは辞表を受理せず。栞には社員としてアメリカへ行ってもらうことに。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

伊能栞 役 高橋一生

投稿数:275(1位), ユーザ数:170(1ユーザあたり1.62回)
関連語:伊能(112), 栞(157), 高橋(36), 一生(35), アメリカ(36), 風太(24), 北村(17), 藤吉(17), 笑店(10), 辞表(10), 映画(10), 夢(9), 時代(7), 辞め(6)

1位は伊能栞役の高橋一生さん。
北村笑店に辞表を提出。
時代の最先端を見てみたいとして、てんにアメリカ行きを伝える。

今回は、てんとの出会いからの回想シーンもあって、保存版である。

てん 役 葵わかな

投稿数:180(2位), ユーザ数:122(1ユーザあたり1.48回)
関連語:てん(170), 葵(11), わかな(12), 伊能(39), 風太(22), アメリカ(19), 北村(13), 助け(8), 行く(7), 支える(5), 社員(5)

2位はてん役の葵わかなさん。
栞は辞表を出し、アメリカ行きを宣言したが、てんは北村社員としてのアメリカ出張という扱いにした。そうやって栞を北村に留め置いたのだ。

武井風太 役 濱田岳

投稿数:84(3位), ユーザ数:69(1ユーザあたり1.22回)
関連語:武井(0), 風太(78), 濱田(7), 岳(7), 栞様(9), 藤吉(9), 辞表(4), リアクション(3), アメリカ(3)

3位は武井風太役の濱田岳さん。
暗闇に栞がいるのに気づかず、電気をつけて驚いた。リアクション芸。

北村藤吉 役 松坂桃李

投稿数:23(4位), ユーザ数:20(1ユーザあたり1.15回)
関連語:藤吉(23), 松坂(0), 桃李(0), 幽霊(4), 風太(7), 栞様(6), 伊能(6), 栞(5)

4位は北村藤吉役の松坂桃李さん。
冒頭の振り返りシーンで声の出演。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:アメリカ(111), アメリカ 戦争(28), カラー 映画(25), 辞表(21), 時代(21), 戦時 中(13), 回想 シーン(13), 回想(12), 有働(12), ピンチ チャンス(9), しおりん(8), 時世 アメリカ(7), 社員 ままで(7), 蝶 ネクタイ(7), 刻 一刻(7), コート(6), 政次(7), 戦時(7), 有働 私(5)

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

栞の回想シーン

★9分:盛り上がり度:34
この時点の関連語:伊能(5), 回想(4), 栞様(4), しおりん(3), ステッキ(2), 素敵(2)

てんが栞に「出会ったころから、いつもうちを助けてくれはりました。なんべんも、なんべんも」と言って、栞を中心とした回想シーンが始まった。

チンピラをステッキで倒しててんを助けた出会いのシーンや、ちんどん屋のシーン、藤吉亡き後のシーンなど。懐かしかった。

この時点のSNSでの反応:

栞さんとの思い出が走馬灯のように…
栞様ルートでよくない?
これはいいファンサービス

 

栞、アメリカ行きの思いを語る

★11分30秒:盛り上がり度:34
この時点の関連語:映画(5), カラー(5), アメリカ(5), 栞(4), 伊能(4), 栞様(2)

栞が、てんたちに「時代の最先端を見てみたい。だからアメリカに勉強に行きたいんだ。こんな暗い時代だからこそ、観客に色付きの夢を見てもらえたら最高だろ」と言った。

さらに栞は「人生最大のピンチこそ、最大のチャンスだと思いたい」とも言った。

最大のピンチか。

この時点のSNSでの反応:

アメリカではカラー映画が始まっていた
カラー映画と色つきの夢……
この時代にアメリカ行くって、大丈夫なの…?

 

てん、栞にアメリカ行きを指示

★14分30秒:盛り上がり度:39(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:アメリカ(8), 北村(6), 伊能(6)

てんは、栞に「伊能さんがアメリカに行って映画の勉強しはるんは、北村笑店、そしてこれからの日本にとって必要なことです。伊能さんの夢、うちらも一緒に見さしてもらいます」と言った。

てんはさらに「北村笑店は、伊能さんにアメリカ行きをお願いします」と言った。

北村の社員として、アメリカに行って映画を勉強するということだ。

この時点のSNSでの反応:

北村の社員として送り出すのか
結局、辞令として栞さんのアメリア行きを許可する事
上海に行く時のリリコと四郎と同じだね

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

今回は昭和14年(1939年)ごろが描かれていると思われる。

日米開戦(1941年12月)の前であるので、まだギリギリ、アメリカへの渡航は許されたと思われる。

 

アメリカでは1935年頃からカラー映画が制作され始めた。栞の言う、色付きの夢である(これより以前にも一部だけカラーの映画や、まだ不完全なカラー映画もあった)。

この頃最も有名な作品は1939年制作の「風と共に去りぬ」だろうか。

 

日本においても、1937年に小規模な短編カラー映画が制作された。ただしフィルム自体は日本製ではなかった上に、ほとんど知られることのない作品だった。本格的なカラー映画が日本に登場するのは、戦後しばらくした1951年のこと。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後3分間の各値。

・投稿数:706(Q1:71, Q2:137, Q3:165, Q4:194, 放送後3分間:139)
・ユーザ数:300(Q1:55, Q2:97, Q3:116, Q4:139, 放送後3分間:125)
・SNSでの影響度数(独自指標):687

 

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

今回は、栞がアメリカへ行くことになった。

今後ドラマは戦争に突入していくのだが、藤吉も栞もなしでおてんちゃん、大丈夫かと心配になります。

今週は、これから辛い時代が描かれますね。栞の離脱が北村笑店崩壊の第一歩か。しかし帰還を楽しみにして待ちたい。

感想・評価わろてんか

Posted by tomo