『わろてんか』伊能栞さま再登場。有働アナは「ナレーションで引っ張ったねぇ!すぐわかった」と興奮-第148回

感想・評価わろてんか

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

連続テレビ小説(朝ドラ)『わろてんか』第26週・第148回(2018年3月28日8時0分~)の感想・評価の分析記事です。

今回は冒頭で玉音放送があり、昭和20年8月以降が描かれました。

さらに後半では、あの男が劇的な再登場をしました。これには有働由美子アナも大喜びでありました。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

伊能栞 役 高橋一生

投稿数:517(1位), ユーザ数:431(1ユーザあたり1.20回)
関連語:伊能(252), 栞(263), 高橋(39), 一生(47), 様(59), 登場(44), カッコ(22), 風太(28), テーマ(11), ステッキ(9), おかえり(10), 涙吹っ飛ぶ(8), 無事(7), アメリカ(7), ピンチ(7), ヒーロー(7), 再登場(6), 素敵(6), 白髪(6), タイミング(5), キャー(5), チンピラ(5), 帰還(5)

1位は伊能栞役の高橋一生さん。
アメリカから6年ぶりに帰還した栞。
劇的なカムバックを果たした。

てん 役 葵わかな

投稿数:234(2位), ユーザ数:154(1ユーザあたり1.52回)
関連語:てん(229), 葵(7), わかな(9), 風太(39), 藤吉(27), 楓(22), 伊能(21), 大阪(18), 栞様(11), 芸人(9), 佐助(6), 風鳥(6), 亭(6), 無事(6)

2位はてん役の葵わかなさん。
大阪に戻り、楓や佐助夫婦、安来節乙女組のとわと再会する。
すいとんを売っていると、チンピラどもに絡まれて・・・。

武井風太 役 濱田岳

投稿数:183(3位), ユーザ数:143(1ユーザあたり1.28回)
関連語:武井(0), 風太(159), 濱田(31), 岳(30), 伊能(18), 演技(13), 藤吉(13), ヒロイン(6), 涙(6), 大阪(4)

3位は武井風太役の濱田岳さん。
風太がてんのそばを離れたスキに、てんがチンピラどもに絡まれるという。
そしてあいつが劇的な再登場をするという、なんというアシスト役!

また、いつもながら演技力の高さもSNS上で話題だった。

北村藤吉 役 松坂桃李

投稿数:87(4位), ユーザ数:78(1ユーザあたり1.12回)
関連語:藤吉(86), 松坂(2), 桃李(2), こない(17), 風太(13), 出て(13), 振っ(4), 鳴ら(4), 召喚(4), 肝心(3)

4位は北村藤吉役の松坂桃李さん。
てんが鈴を鳴らしたが、藤吉は降臨しなかった。
まさかの召喚失敗!

杉田楓 役 岡本玲

投稿数:66(5位), ユーザ数:60(1ユーザあたり1.10回)
関連語:杉田(0), 楓(66), 岡本(1), 玲(1), 無事(11), 台本(9), 社長(6), 家族(5), 箕面(4), 漫才(4)

5位は杉田楓役の岡本玲さん。
てんと再会する。箕面の親戚を頼り生き延びていた。
漫才の台本を大事に守っていた。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:栞様(73), 登場(72), 乙女 組(61), 玉音 放送(61), 藤吉 出(60), 終戦(54), 有働(43), 風鳥 亭(43), 登場 仕方(34), 安来 節(31), ナレーション(26), 伊能 登場(26), 楓 無事(25), 焼け 野原(22), ならず 者(22), 乙女組(21), 水曜 日(19), 王子 様(16), 漫才 台本(14), 昭和 天皇(13), カッコ よすぎ(13), 神戸 空襲(13), 宮嶋 麻衣(13), ステッキ(13), 家族(12), 王子(12), アメリカ(10), ヒーロー(9), イノッチ(9)

 

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

後半に、かつてないほどの巨大な盛り上がりがある。

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

楓と再会

★5分:盛り上がり度:34
この時点の関連語:楓さん(7), 無事(4)

終戦後。

てんが大阪に戻ると、そこは瓦礫の山になっていた。

風鳥亭跡地にも瓦礫が。それを見つめるてん。

うしろから「おてんちゃん」と声をかける女性がいた。楓だった。

この時点のSNSでの反応:

楓さんキタ━━━
楓さんのおてんちゃん呼び
楓さんが帰ってきた~

 

安来節乙女組のとわ、佐助夫婦と再会

★8分30秒:盛り上がり度:47
この時点の関連語:乙女(10), 組(7), 佐助(5), 安来(5)

てんは、安来節乙女組のとわ(辻凪子)と再会した。

乙女組では、都(大後寿々花)が亡くなったという。都は踊りが一番上手く、牛を買って田んぼを耕して両親を楽にしたい、兄弟を学校に行かせたいと言っていたあの子。なつ(畦田ひとみ)、あや(鈴木球予)は無事とのこと。

また、曲芸師の佐助・富夫婦とも再会した。かつて風太が、寺ギンの言いつけで借金の取り立てをした夫婦だ。佐助は空襲で足をやられて曲芸をできなくなり、芸人を引退して田舎に帰るという。

この時点のSNSでの反応:

安来節乙女組のその後がここで分かるという、まさかの展開
今までなかったことにされてた乙女組が唐突に…
安来節乙女組には卒業とか新メンバー補充とかないんか?

 

伊能栞との再会

★14分:盛り上がり度:180(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:伊能(37), 栞様(16), 登場(15), 栞(11), シーン(6), 同じ(5), 風太(5), カッコ(4), 最高(3), ナレ(3)

昭和21年春になった。

てんと風太は、風鳥亭跡地ですいとんを売っていた。

風太が目を話したスキに、てんがチンピラどもに絡まれて売上金を強奪された。

 

するとそこに、絶妙なタイミングである男が登場。チンピラどもをなぎ倒した。

ナレーション「あら? これどっかで見たような・・・ということは、この御方は・・・?

 

その男が、うずくまるてんに手を差し伸べた。

栞「大丈夫ですか?

栞のテーマ曲が流れた。壮大で、かつ躍動感があり、華やかで前向きで、どことなくドヤッって感じの曲。

てん「伊能さん!

この時点のSNSでの反応:

伊能はん初登場時のオマージュに笑ってしまったwww
初めて出会った時と同じパターンで再登場www
おっ、まさかのまたチンピラ退治で登場する栞さんかっこよすぎ!
栞さまwwwwwwwwww

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

史実では、吉本興業(北村笑店のモデル)は、終戦から2ヶ月後の昭和20年10月に、千日前の常磐座跡地(バラック小屋が建てられたと思われる)で興行を行っている。ただし客の入りは悪かったようだ。

以後も数回、大阪で興行を行ったが収入はあまりなかった。

 

そこで吉本は新業種に打って出る。それが占領軍相手のキャバレー経営だった。

元々、松竹系の会社が京都市に依頼されて運営する予定だったが、松竹が躊躇している間に林正之助(風太のモデルとされる)が動いた。

吉本には英語が話せる人が少なかったため、他業種から引き抜いたり、英語が話せる大学生のアルバイトを大量雇用したとのこと。

昭和20年の年末にオープンし、契約によって約2年間運営された。戦後吉本最初の事業。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後3分間の各値。

・投稿数:1731(Q1:166, Q2:233, Q3:278, Q4:634, 放送後3分間:420)
・ユーザ数:716(Q1:117, Q2:131, Q3:187, Q4:390, 放送後3分間:380)
・SNSでの影響度数(独自指標):1609

 

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

前掲の盛り上がりグラフを見ても分かる通り、伊能栞様の再登場時には異様な盛り上がりを見せた。

あさイチの有働アナは「涙吹っ飛ぶ伊能ちゃんでしたね!」と喜んだ。そして小野アナのナレーションを「ナレーションで引っ張ったねぇ! すぐわかった。すぐ伊能ちゃんだとわかった」と興奮しながらディスっていた。イノッチは「黙ってて、黙っててよ」とたしなめていた。

そんな朝の風景も、もうすぐ終わりか。

感想・評価わろてんか

Posted by tomo