『わろてんか』第2回-有働アナ「新一お兄ちゃん大丈夫?」千葉雄大「ご心配おかけしました」増田明美「ドイツ語も上手ですね」

感想・評価わろてんか

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『わろてんか』第1週・第2回(2017年10月3日8時0分~)を視聴しました。

今回はてんの兄、新一(千葉雄大)に早くもフラグが・・・。でも、直後に放送されたあさイチでは千葉雄大さん、元気そうでした。

有働アナから「お兄ちゃん大丈夫?」と聞かれて「はい。大丈夫です。ご心配をおかけしました」って。でもねぇ・・・。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度を測ります。

 

1位はてんの兄・藤岡新一役の千葉雄大さん。第1週の主役ともいえる存在かもしれません。てんを優しく見守る存在。

2位は藤岡てん役の新井美羽さん。てん幼少期です。主演の葵わかなさんはまだ登場してません。

 

3位はてんの父・藤岡儀兵衛役の遠藤憲一さん。てんに「わろたらアカン」と命令する厳しい父です。

4位は北村藤吉役の松坂桃李さん。今回も最後の方に登場しました。イケメンが揃った感がでます。

 

以下、

5位はてんの母・藤岡しず役の鈴木保奈美さん。

6位は武井風太役の鈴木福さん。

7位はてんの祖母・藤岡ハツ役の竹下景子さん。

でした。

ハイライト(名場面)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯が確認できます。

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

さくら、さくら↑

★6分30秒(盛り上がり度:62)

わろたらアカン」という儀兵衛の命令により、てんはハツから色々指導を受けることになったのだが、そのなかでお琴もやることになった。

 

お琴の稽古中に、儀兵衛がやってきた。

儀兵衛「しっかり身につけなさい。一つことに専念すれば、無駄に笑うっちゅうこともなくなるいうもんや

てん「はい

てんは「さくら」を弾く。

それにあわせて儀兵衛が歌う。

 

さ、く、ら、さ、く、ら↑ てんが音を外すと、歌っていた儀兵衛も「さ、く、らぁ↑」と音を外した。

てん、笑いそうになる。

 

この時点のSNSでの反応:

お父さんwwwww
父ちゃん笑わせにきてるw
なにこの絶対に笑ってはいけないwww

 

新一、喘息で倒れる

★10分(盛り上がり度:66)

新一が喘息を発症して倒れた。てんがそれを発見。

 

当面は大丈夫なようだが、医者からは「学校は休学して、ゆっくり静養したほうがいい」と言われてしまう。

 

この時点のSNSでの反応:

お兄さんやっぱり体弱かった…
いやー兄ちゃんが死んじゃう!
兄さん早くも死亡フラグ

 

新一はどうなってしまうのか?

どうしても知りたい人もいると思うが、ネタバレになるので、ネタバレが嫌な方はここから先12行ぐらい飛ばして欲しい。

 

第2週になると、てんは17歳になっている。

藤岡屋はピンチを迎える。

倉庫の火事により、仕入れた薬が焼失。

金の工面が必要。

そんな実家のピンチに新一は無理をしてしまう。

倒れる。

一時は小康状態となるが。

第2週のうちに死んでしまう。

亡くなった後、新一の論文が見つかる。

そこからまた別の物語となるが長いので割愛。

 

以上、ネタバレでした。

新一を演じている千葉雄大さんっていかにも病弱そうで(役に合っているという意味で)いいですね!

 

てんの名前の由来

★12分30秒(盛り上がり度:53)

てんがゲラになったのは、新一が喘息になった頃からだ、と母から明かされる。

 

家の中が暗くなった時、てんがよく笑うようになり、明るくなった。

 

しず「あんたの名前はなぁ、おてんとうさまからいただいた名や。いつでも明るく周りを照らすような子でいてほしい。そう願うてつけたんや

 

薬祭りに、ヒポクラテスも祀られる

★15分(盛り上がり度:113。今回最高の盛り上がり)

くすり祭りは薬の神様に感謝する祭り。

日本と中国の薬の神様に加えて、ギリシャのヒポクラテスも祀られているという。

ヒポクラテスは、紀元前400年頃の人物で、医学の発展に貢献した。

 

今回も最後には、藤吉が登場。掛け小屋の舞台に上がって「舞台やで!」とはしゃいでした。

この時点のSNSでの反応:

おいヒポクラテスどっから持ってきた
ヒポクラテス先生の違和感凄いなwww
昨日に続いて松坂桃李はラストのみ

 

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化を目的に掲載しています。再掲します。

千葉雄大さん関係の感想が多い。

これは、直後に放送された「あさイチ」に千葉雄大が出演したからもある。

あさイチでは有働アナが受けの流れから「お兄ちゃん、心配ですけど、大丈夫なんですか?」と聞いて、千葉さんが「はい、大丈夫です。ご心配をおかけしました」と答えた。

千葉さんは「てんちゃんの笑顔があればもう大丈夫だと思います」と言っていた。もう一人のゲストの増田明美さんに「昨日、ドイツ語も上手でしたね」と言われて、千葉さんは笑っていた。

 

増田明美さんは『ひよっこ』のナレーションを担当していた、という朝ドラつながりがある。

 

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

第1話に比べてかなり高くなっています。

てんのゲラの理由、名前の由来が明かされて、ポジティブな気分で視聴できたのではないかと思います。儀兵衛は「わろたらアカン」と言うけど、他の家族はみんなてんの味方のような感じですね。

あとは千葉雄大、松坂桃李のイケメン2人の影響でしょうか。今回は千葉さん主役みたいなかんじでしたからね。

明日も楽しみです。

感想・評価わろてんか

Posted by tomo