『わろてんか』伊能栞様(高橋一生)久々に登場!SNSで熱い支持。「いつでも待ってる」-第28回

感想・評価わろてんか

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『わろてんか』第5週・第28回(2017年11月2日8時0分~)を視聴した感想・評価の記事です。

前回の記事で、高瀬アナも藤吉にイライラしていると書きましたが、今回はさらにイライラしたかもしれませんね。

松坂桃李さん、この役受けてよかったんかなぁ。

 

今回は栞様が久しぶりに登場。しかも強烈なセリフを放ちます。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位は伊能栞役の高橋一生さん。久しぶりに登場した栞様が1位をかっさらいました。栞様、まさかおてんちゃんのことをそんなふうに思ってたなんて・・・。後述します。

2位は北村藤吉役の松坂桃李さん。ダメ男藤吉、ここに極まれり。ダメどころかクズ。高額の不良品パーマ器を売りつけられ、北村屋の土地建物を借金のカタにして、もう首が回らないでしょこれは。

 

3位は藤岡てん役の葵わかなさん。一縷の望みを栞様に託すが・・・。

 

4位は藤吉の母・啄子(つえこ)役の鈴木京香さん。ボンクラ旦那とボンクラ息子をもって可哀想になってくる。

5位はキース役の大野拓朗さん。パーマ器事件の原因となった張本人。でも決断したのは藤吉ですからね。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含む)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をおよそ把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

THE 茶番劇

★2分(盛り上がり度:59)

啄子が藤吉を成敗しようとして刀を振りかざした。

そこに万丈目吉蔵(藤井隆)が「殿! 殿中でござる! 殿中でござる! ご乱心召されたか!?」と止めに入った。

吉蔵は「各々方、お出合いそうらえ、お出合いそうらえ」と観衆を煽る。キースも「よっ! 日本一!」と。啄子は、「おのれえええ!!」と藤吉を斬ろうとするが、藤吉は巧みにかわす。

その様子に、聴衆から笑いが起こる。啄子は思わず「何やのこれ?」と言った。

 

茶番劇。SNS上では「笑った」という人は少数派。多くは笑えない、つまらない、面白くないといったものだった。

この時点のSNSでの反応:

こんな状況笑えるか!
いきなり笑ったwwwww
全く笑えないんですけど
笑わそうと思ってんの、これ?

 

いつでも待ってる栞様

★9分30秒(盛り上がり度:100。今回最高の盛り上がり)

今回最高の盛り上がりは、てんと栞の会話の場面。てんが、英語で書かれた契約書(パーマ器売買契約)をなんとか無効にできないかと、栞の事務所に相談に行った。

栞は契約は有効だと言った。栞は藤吉とてんの現状を察する。そして以下の会話である。

 

栞「僕は間違えたのもしれないな。君はそいつといるほうが幸せだと思ったから僕は

てん「うちは間違うたとは思いません。ほな失礼します

栞「僕はいつでも待っているよ

 

この時点のSNSでの反応:

僕はいつでも待ってるよ!キャーーーーー
もう栞様でよろしいやんか
栞様紳士過ぎるやろ
伊能様と結婚した方がいいって
栞様のところに行きなよ

 

熱い栞様支持の声。

そうか、栞様、おてんちゃんを譲ったことを後悔しているんですね。

 

万事休す

★15分(盛り上がり度:86)

金貸しが北村屋に来た。金が返済されないため、借金の担保となっている家土地が差し押さえとなる。

だが啄子はこの家と一緒に死ぬといわんばかりに抵抗。

それを見た藤吉も、手斧を取り出して、思い詰めた表情で「いっそこの家を壊して・・・!」と振り上げた。

 

小野アナのナレーション「万事休す。もう一巻の終わりです

 

この時点のSNSでの反応:

もう訳わからん
いつになったら面白くなるのかな
本当にナレーションはないほうがいいと思う

 

ただ、このあたりでは逆にふっきれて「面白かった」「楽しい」という意見もほんのすこしだがあった。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

松坂桃李 クズ ダメ ボン」「藤吉 アホ」「突然 栞」「高橋一生 いつまでも待つ」などのコメントが多く投稿された。

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

今週は絶望的な低さが続く。

以前も書きましたが、朝ドラというのは、どんな出演者であれどんな物語であれ、習慣的に観ているという視聴者が一定数いる。そういう視聴者は他の枠より多いと思う。

だから、つまらなくても観続けるという人がいて厳しいコメントをしているのも、この絶望的な評価の低さの原因になっているとは思う。

 

しかしそれを差し引いても低い。やっぱり藤吉に顔以外の魅力がないのが痛すぎる。行動が訳がわからない。イケメンだけど、思い詰めた顔や笑う顔がいつも同じ表情のパターンだから、どこまで真剣なのかわからない。松坂桃李さん、この役を受けたのは失敗だったなと今頃思ってるかも。このダメ男をどう演じればよいのか、演技力のある俳優でも難しいと思うから。

感想・評価わろてんか

Posted by tomo