『わろてんか』第3回-てんと藤吉の年齢差7歳。新井美羽と松坂桃李の年齢差17歳。事案発生

感想・評価わろてんか

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『わろてんか』第1週・第3回(2017年10月4日8時0分~)を視聴しました。

今回はいよいよ、てんと藤吉の出会いでした。

ところで二人の年齢差、ドラマの設定上は7歳なのですが、演じている役者の年齢差は17歳もあるんです。今回SNS上ではこの年齢差が気になったという人が多かったです。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度を測ります。

1位は北村藤吉役の松坂桃李さん。過去2回は顔を見せただけ的な登場でしたが、今回ついに本格的に登場。

2位は武井風太役の鈴木福さん。活躍しました。大きくなると濱田岳さんになります。

3位は藤岡てん役の新井美羽さん。大きくなると葵わかなさんになります。福くん、新井美羽ちゃんのコンビが見られるのは今週だけ(のはず)!

 

4位はてんの兄・藤岡新一役の千葉雄大さん。病弱アンド病弱。

 

5位はキース役の前田旺志郎さん。藤吉と一緒に逃げている役。「まえだまえだ」の弟。大人になると大野拓朗さんになります。ちなみにワードに「まえだまえだ」を加えると95票となり、千葉雄大さんに迫る勢いです。

6位はてんの父・藤岡儀兵衛役の遠藤憲一さん。今回は一発でインパクトを残す。

 

7位は落語家として登場した桂南光さん。第1回に続いて登場。安定感。

8位はてんの妹・藤岡りん役の中川江奈さんでした。大きくなると堀田真由さんになります。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含む)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯が確認できます。

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

 

木戸番に見つかり逃走、舞台へ

★6分(盛り上がり度:71。今回最高の盛り上がり)

てんと風太は、一緒にこっそりと掛け小屋に忍び込んだが、木戸番に見つかってしまって逃走。桂南光師匠が落語をしている舞台に上がってしまう。

初回冒頭のシーンである。

桂南光師匠のネタは「ちりとてちん」。

 

舞台上で大騒ぎしたてん。観客はその様子に爆笑。てんは、初めて「笑いの力」を知ることになった。

 

藤吉(松坂桃李)が14分より前に登場

★8分(盛り上がり度:65)

前2回はラスト(14分頃)にしか顔を見せなかった藤吉、ついに8分の時点という早い段階で登場。

男たちに追われていた。後に藤吉が説明したことによると、キースが食い逃げをやらかして追われているとのことだった。ただ、キースも騙されていたらしい。現代でいうところのぼったくりバーみたいなものだろうか。

 

この時点のSNSでの反応:

藤吉キタ――
松坂くん 足速いな
藤吉、8:14の男を返上

 

てんと藤吉、事案発生

★9分30秒(盛り上がり度:63)

風太・キースとはぐれて逃走したてんと藤吉は、近くの小さな祠に逃げ込む。

 

藤吉がてんをだっこして連れ去るように。藤吉は騒がしいてんの口を塞ぐ。

大人の男、幼い女の子が狭い祠で一緒に・・・。事案である。

 

この時点のSNSでの反応:

別な意味で犯罪
これはキュンとしてまうやろ
幼女連れ去る事案w

 

風太、てんを守る!

★15分(盛り上がり度:68)

てん・藤吉と風太・キースが合流した。

事案後の藤吉を見た風太は「何してんねやお前! 名前は? どこから来た? なんで追われとったんや」と矢継ぎ早に質問。てんを自分の後ろにやり、「近づくな!」とこの怪しい事案男から守ってあげていた。

風太、頼もしいぞ。

 

とにかく、てんと藤吉は出会った。

この時点のSNSでの反応:

風太はええ子やね
風太くんしっかりしてる
まえだまえだの弟!おっきくなったなぁ

 

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化を目的に掲載しています。再掲します。

風太 守る」「落語 面白い」「鈴木福 イケメン」「千葉雄大 イケメン」「松坂桃李 可愛い」などという言葉が多く投稿された。

年の差」というワードもあるが、これは、後に夫婦となる藤吉とてんちゃんの年の差のこと。みんな気になっているようだ。

 

この時、てんは9歳という設定。演じてる新井美羽ちゃんは11歳。

藤吉は16歳という設定。演じてる松坂桃李さんは28歳。

設定上でも7歳、役者は17歳差である。

 

ちなみにこのドラマのモデルとなった史実で確認すると、「吉本せい」と夫の「吉本泰三」の年齢差は3歳。せいが年下である。

 

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

総合的には高い。「面白い」の数値はやや低めとなっている。

可愛い・かっこいい」の数値が高いのは、イケメン2人+風太+まえだまえだ弟に支えられたと思う。千葉雄大、松坂桃李という本当のイケメンに加え、風太はてんを守るというキャラ的にカッコよかったし、まえだまえだ弟は久しぶりに見て成長を感じた人が多かったようだ。

 

一方で、やはり藤吉とてんの年齢差が気になっている人が多いようだ。役柄上でも7歳、実際演じている役者は17歳もの差がある。

松坂桃李さんが新井美羽さんを連れ去るところなんて、まさに犯罪、事案である。藤吉をもうちょっと若い設定にして子役を使ってもよかったように思うのだが、でもストーリーが破綻してしまうかな。

大河ドラマでもよくあることだが、まあこの年齢の違和感は、乗り越えていくしかない。