『わろてんか』第4回-酒を盗んだ犯人「化け猫」はハツの優しい作り話

感想・評価わろてんか

スポンサーリンク

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『わろてんか』第1週・第4回(2017年10月5日8時0分~)を視聴した感想・評価の記事です。

今回はある事件が発生しました。

 

今更ですけど、儀兵衛(遠藤憲一)としず(鈴木保奈美)って、前期の日テレのドラマ『愛してたって、秘密はある』でも共演してましたね。今回はこの前期ドラマのような雰囲気の事件が発生して・・・。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度を測ります。

1位はてんの父・藤岡儀兵衛役の遠藤憲一さん。第1話で、ドイツの製薬会社との取引が破談になってしまって苦しんでいる。

2位はてんの兄・藤岡新一役の千葉雄大さん。病弱だが、今回はてんの疑問を解決する。

 

3位は藤岡てん役の新井美羽さん。成長すると、おそらく来週には葵わかなさんになります。

4位は武井風太役の鈴木福さん。今回は事件の容疑者となってしまいました。成長すると濱田岳さんになります。

 

5位は北村藤吉役の松坂桃李さん。今回は回想シーンしか出番はなかった、と思ったら直後のあさイチに・・・!? 詳しくは後述。

 

6位はてんの母・藤岡しず役の鈴木保奈美さん。7位はてんの祖母・藤岡ハツ役の竹下景子さん。

8位は万丈目吉蔵役の藤井隆さんでした。まだ出てきてませんけど。これも詳しくは後述。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含む)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯が確認できます。

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

 

アホの風太、犯行を自供

★6分30秒(盛り上がり度:46)

藤岡屋で事件が発生。台所にある高級な酒が入った酒瓶の中身が、夜な夜な減っていくという。

使用人たちは「泥棒や」などと騒ぐ。儀兵衛、しず、ハツは酒を飲まない。新一も病気で酒どころではない。

 

容疑者となってしまったのは風太。

何でも盗み食いするのは風太しかおらへん」と一方的に疑いをかけられた風太だったが、それに対して風太は「僕が盗み食いしたのは紅白饅頭です」と別の罪を自供。

 

しず「あれあんたか。ネズミか思うたわ。3つも4つものうなって

風太「5つです!

 

なんという潔き自供。ただ、酒を飲んだことは頑なに否定した。

 

この時点のSNSでの反応:

風太あほwwwww
風太バカかよwww
風太さん引っかかり過ぎw

 

笑いの色は何色?

★9分(盛り上がり度:57)

前回、てんは藤吉に「笑いの色は何色か知ってる?」という問題を出されていた。

てんはその答えを探そうとするが、なかなか見つからない。そこで新一にたずねてみることにした。

 

新一は「きっと、チョコレートと同じ茶色やないか」と言う。「茶らける」「茶化す」「お茶目」など、笑いに関する単語には「」の字が入るのが多い。

 

てんは一度納得して、新一に「おおきに。兄さん」と抱きつく(千葉雄大さんファンの視聴者悲鳴)が、よく考えると「けど、お茶って緑色や」と気づく。

新一は「えっ」といい、二人で新一が持っていたお茶を覗き込み、緑色を確かめて笑った。

 

しかし、新一はその笑いで咳き込んでしまう。病弱だ。

てんは、くすり祭りでの出来事や藤吉のことを新一に話した。

 

この時点のSNSでの反応:

千葉雄大かわいすぎやろ
麦茶は茶色やで
番茶は茶色いよ

 

化け猫の正体

★15分(盛り上がり度:94。今回最高の盛り上がり)

台所の酒が夜な夜な減っていく事件は、まだ解決していない。犯人はまだわからず、風太に疑いの目が向けられている。

 

ハツは、「代々、この家には化け猫がいはって、月も見えん暗い暗い夜、丑三つ時に廊下をヒタヒタと歩き、おくどさんの方でピチャピチャなんぞ飲む音がするんどす」と言い出した。ハツは「これ以上詮索するとたたられまっせ」と警告。

 

どうやらハツは、犯人が誰であるか見当がついているようだった。その犯人をかばうため「化け猫に祟られる」という作り話を流布したと思われる。

 

風太は自分への疑いを晴らすべく、夜、てんと二人で台所で犯人を待ち伏せすることにした。

夜中になり、「化け猫」がやってきた。

 

化け猫の正体とは、てんの父・儀兵衛だった。

この時点のSNSでの反応:

まさかの犯人だぁー
やっぱり
お父さんのストレス解消?

 

化け猫」の正体は儀兵衛だった。ドイツの製薬会社社長を招いたパーティーで粗相をやらかして(てんが原因となった)、取引が破談した影響だろう。プレッシャーでストレスが相当たまり、追い込まれているようだった。

ハツは犯人がわかっていた。だから化け猫話をでっちあげて、これ以上詮索させないようにした。義理の息子のことを思いやる、優しい作り話。こうやってオバケの噂とかは流布されるのだろう。

 

夜中の月明かりで酒を飲む遠藤憲一さんの演技。2割ぐらいはうまそうにも見えたが、8割ぐらいは辛そうにも見えた。大きなため息は、やはりストレスだろう。

小野アナのナレーションの「えー!」は棒読み感あった。わざとかな。

 

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化を目的に掲載しています。再掲します。

お父さん ストレス」「千葉雄大 笑顔 癒される」「笑い 茶色 お茶 緑色」「風太w」などの感想があった。

藤井 松坂桃李」とあるところ、直後の「あさイチ」でこんなやりとりがあった。

 

有働アナ「藤井さん、(VTRの風景の場所)わかります?

藤井隆「いえ、私は藤井じゃありません。おはようございます。松坂桃李です。わろてんかっ!

イノッチ「あなた藤井でしょ笑

藤井隆「あ、藤井隆でした

 

藤井さんはわろてんかで「万丈目吉蔵」という役を演じる。面白くない芸人、という役どころで、松坂桃李さんが演じる藤吉とは友人。NHKドラマ・ガイドによれば、藤井さんは「演じていて楽しいのは、藤吉との友人関係」と話しているので、松坂さんとは現場で良い関係なのだろうと思う。

 

 

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

ちょっと低くなった。

前半部分はやや緩慢だったかもしれない。第4話だが「まだ面白さがわからない」という意見もあった。ですが「ひよっこ」も最初低調だったことを思えばまだまだ。

前回も書いたが、このドラマはイケメンたちに支えられてる部分も多いと思う。なので「可愛い・かっこいい」の数値は毎回高い。さて、新井美羽さんや鈴木福くんを見られるのはあと1回だけとなりました。