『わろてんか』藤吉、中学生の隼也(大八木凱斗)に説教もブーメラン食らう-第86回

感想・評価わろてんか

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

連続テレビ小説(朝ドラ)『わろてんか』第16週・第86回(2018年1月15日8時0分~)の感想・評価の分析記事です。

昭和4年(1929年)初冬になりました。ラジオが人々の生活を変え、そして藤吉はまだ生きてます。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

北村藤吉 役 松坂桃李

投稿数:235(1位), ユーザ数:155(1ユーザあたり1.52回)
関連語:藤吉(219), 松坂(17), 桃李(19), 倒れ(19), フラグ(15), ヒゲ(9), プレミアムトーク(5)

1位は北村藤吉役の松坂桃李さん。
今回の後半で、脳卒中(中風)で倒れた。もう、そろそろか・・・?

隼也 役 大八木凱斗

投稿数:165(2位), ユーザ数:123(1ユーザあたり1.34回)
関連語:北村(5), 隼也(161), 大八木(7), 凱斗(4), 大きく(24), 反抗(10), 中学生(7), 老け(6), 正論(4), 白紙(3)

2位は隼也役の大八木凱斗さん。
子役時代が終わり、中学生に成長した。北村笑店を継ぎたくないと言い、学校ではテストを白紙で出した。反抗期なのだろうか。

武井風太 役 濱田岳

投稿数:129(3位), ユーザ数:101(1ユーザあたり1.28回)
関連語:武井(0), 風太(127), 濱田(3), 岳(4), トキ(17), 結婚(16), プロポーズ(10), ドーナツ(9), メリーミー(7), 英語(4)

3位は武井風太役の濱田岳さん。
今回は、ついに、おトキちゃんに「メリーミー」とプロポーズした・・・つもりだったが!?

てん 役 葵わかな

投稿数:100(4位), ユーザ数:85(1ユーザあたり1.18回)
関連語:てん(96), 葵(6), わかな(6), 藤吉(30), 隼也(23), 老け(10), 変わらない(7)

4位はてん役の葵わかなさん。
隼也のことを心配していたら、藤吉が倒れた。心配の種が増える。

トキ 役 徳永えり

投稿数:83(5位), ユーザ数:73(1ユーザあたり1.14回)
関連語:トキ(82), 徳永(2), えり(2), 結婚(14), 髪型(11), 英語(8)

5位はトキ役の徳永えりさん。
風太から「メリーミー」とプロポーズされるも、英語が理解できずにスルーした。

舶来屋キース 役 大野拓朗

投稿数:45(6位), ユーザ数:41(1ユーザあたり1.10回)
関連語:舶来屋(0), キース(44), 大野(1), 拓朗(1), キーちゃん(0)

6位は舶来屋キース役の大野拓朗さん。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:脳卒 中(121), ラジオ 体操(65), 隼也 大きく(37), 反抗 期(37), 昭和(35), プロポーズ(25), 成田 凌(25), ドーナツ(24), チャールストン(21), 藤吉 ヒゲ(13), 砂糖 天ぷら(13), 花より ドーナツ(8)

砂糖天ぷら」(ドーナツのこと)という言葉が劇中のセリフに出てきたが、ググってみるとサーターアンダギーばかりがでてきた。まあサーターアンダギーもドーナツもおんなじようなものか。「成田凌」は、隼也は将来的に成田凌さんになるのだが、まだ出てこないなぁということ。藤吉の髭に違和感を覚える人も多かった。

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

隼也、中学生になる

★2分:盛り上がり度:33
この時点の関連語:藤吉(8), 隼也(8), 長屋(6), 老け(5), 改築(3)

中学生になった隼也が初登場。これまで赤ちゃん、渡部翔夢さん、南岐佐さんと進化してきたが、今週は大八木凱斗さんになった。(次は成田凌さんになる)
北村家も改築して、テーブルで食事していた。

この時点のSNSでの反応:

隼也ばっかり大きくなって、てんも藤吉も全然老けていないw
誰だおまえ?って思ってたら隼也だった!
てんはいつまでも娘みたいな着物着てるんかいな

 

隼也の反抗期

★7分:盛り上がり度:45
この時点の関連語:隼也(13), 藤吉(12), 息子(4), 説得(3), 思春(2), 反抗期(1), ブーメラン(3)

隼也の反抗期の場面。

隼也は学校で、テストを白紙で出した。どうせ北村笑店を継ぐのであれば、勉強しても意味がないと。

藤吉は「学生は学生らしく勉強せえ」と説教するが、隼也は「お父ちゃんかて、学校行かんと旅芸人やってたやろ。米屋も継ぐの嫌がって潰したやろ。偉そうなこと言わんといてえや」と発言。正論である。

隼也は「僕かて、会社なんて継ぎとうない」と行って去っていった。

この時点のSNSでの反応:

て確かに藤吉が偉そうに言っても説得力ないw
藤吉、まさかの息子隼也から過去を突っ込まれるw
巨大ブーメランを藤吉はんに投げつけた隼也

 

藤吉が脳卒中で倒れる

★13分:盛り上がり度:64(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:倒れ(10), 脳卒(6), 藤吉(32)

藤吉が頭をかかえて倒れた場面。

医者からは「脳卒中、いわゆる中風です」とのことで、意識が戻ったとしても手足の麻痺が残る可能性があるとのこと。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

今週は昭和4年(1929年)が舞台。てんは36歳。藤吉は43歳ごろと思われる。

北村笑店は東京進出を果たしたとのこと。

 

今回は落語と漫才(萬歳)に関する状況も描かれた。

この頃は、落語人気が凋落。代わって、萬歳などが台頭してきた。落語は、ある程度の学がないと理解できない部分もあるが、萬歳はこの頃爆発的に増えていた工場労働者や地方から出てきた人達にとってもわかりやすい。

風太は萬歳を推進し、藤吉は落語を擁護する立場。

 

簡単に史実を書いておくが、北村笑店のモデルである吉本興業が東京に進出したのは1922年(関東大震災の前の年)。吉本泰三(藤吉のモデル)が亡くなったのは1924年(震災の翌年)。初の本格的な漫才(後にそれまで萬歳と言っていたものが漫才と改称する)コンビと言われるエンタツ・アチャコの結成が1930年である。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後3分間の各値。

・投稿数:1069(Q1:150, Q2:234, Q3:254, Q4:317, 放送後3分間:114)
・ユーザ数:351(Q1:103, Q2:135, Q3:154, Q4:193, 放送後3分間:101)
・SNSでの影響度数(独自指標):1167

 

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

今回はやや低めの評価となった。

大河ドラマなどでもそうだが、子供は成長するのに大人は老けない、変わらないという違和感がどうしてもあった。また、風太とおトキちゃんは、もう、そろそろいいのでは・・・と思う。

まあ今週は面白い事件も起きるようだし、期待しましょう。

感想・評価わろてんか

Posted by tomo