『わろてんか』藤吉(松坂桃李)の最期。セリフが聞き取れない人が多いようで字幕推奨-第97回

感想・評価わろてんか

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各データ・グラフの意味はこちら

連続テレビ小説(朝ドラ)『わろてんか』第17週・第97回(2018年1月27日8時0分~)の感想・評価の分析記事です。

今回は藤吉がまたまた倒れます。そして病院のベッドにて、てんとの最後の会話がありました。SNS上では、藤吉のセリフが聞き取れないという人が多かったようで、これから観る人はボリューム調整および字幕設定をご確認ください。


この記事の目次

キャスト影響度

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

各キャスト言及数・関連語分析

SNSの投稿データから、各キャストに言及している投稿数、言及しているユーザー数、および主な関連語(括弧内はの数字は出現度)を示します。

北村藤吉 役 松坂桃李

投稿数:345(1位), ユーザ数:259(1ユーザあたり1.33回)
関連語:藤吉(319), 松坂(24), 桃李(37), ナレ(13), 字幕(11), 涙(10), 回想(4), 最期(5), チョコ(4), 号泣(4), 有働(3), 聞き取れない(5)

1位は北村藤吉役の松坂桃李さん。
またまた倒れた藤吉。
今回はついに彼の最期となる。
SNS上では、彼の声が聞き取れないとして「字幕推奨」という投稿が相次いだ。

てん 役 葵わかな

投稿数:173(2位), ユーザ数:122(1ユーザあたり1.42回)
関連語:てん(165), 葵(7), わかな(10), 笑い(10), 笑顔(9), 喪服(7)

2位はてん役の葵わかなさん。
藤吉は日本中に笑いを広めたいと言いながら、本当はたった一人、おてんちゃんの笑顔を見たかったのだ。

隼也 役 大八木凱斗

投稿数:49(3位), ユーザ数:45(1ユーザあたり1.09回)
関連語:北村(7), 隼也(45), 大八木(0), 凱斗(0), 成長(5), 成田(4), イケメン(3)

3位は隼也役の大八木凱斗さん。
来週は成長して成田凌さんになる。

伊能栞 役 高橋一生

投稿数:40(4位), ユーザ数:37(1ユーザあたり1.08回)
関連語:伊能(7), 栞(28), 高橋(3), 一生(8), 表情(3)

4位は伊能栞役の高橋一生さん。

武井風太 役 濱田岳

投稿数:23(5位), ユーザ数:23(1ユーザあたり1.00回)
関連語:武井(0), 風太(22), 濱田(1), 岳(1)

5位は武井風太役の濱田岳さん。

柳々亭燕団治 役 桂文枝

投稿数:16(6位), ユーザ数:16(1ユーザあたり1.00回)
関連語:柳々亭(0), 燕団治(0), 文枝(16), 師匠(6), 来週(4), 出る(3)

6位は柳々亭燕団治役の桂文枝さん。
来週登場する。

トキ 役 徳永えり

投稿数:9(7位), ユーザ数:9(1ユーザあたり1.00回)
関連語:トキ(9), 徳永(0), えり(0)

7位はトキ役の徳永えりさん。

秦野リリコ 役 広瀬アリス

投稿数:6(8位), ユーザ数:6(1ユーザあたり1.00回)
関連語:秦野(0), リリコ(4), 広瀬(1), アリス(2)

8位は秦野リリコ役の広瀬アリスさん。

他の関連語

SNSに投稿されたこのドラマに関する関連語です。各単語の共起関係については冒頭に掲載した共起ネットワーク図もごらんください。

関連語:喪服(48), 字幕(35), 最終 回(31), 泣いた(21), 成田 凌(16), 文枝 師匠(16), 色 茶色(13), セリフ 聞き取れない(13), チョコ 衛門(13), 藤吉 退場(13), 隼也 成長(11), 感情 移入(10), 涙 止まらない(7), 有働(6), 字幕 藤吉(5), タイトル 回収(4), ボリューム(3)

 

有働由美子アナは以前放送された「あさイチ」の中で、藤吉のセリフを予想していた(ホンマにやりたかったのはてんを笑わせること、のくだり)。また、有働アナは朝ドラで泣いて化粧が崩れた過去があるため、今日が土曜日でよかった(あさイチがない)という意見もあった。

ハイライト・名場面(あらすじ含)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯を把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

これからもずっとわろてんか

★8分30秒:盛り上がり度:47
この時点の関連語:藤吉(14), 笑い(5), チョコ(4), 最期(3), ボリューム(2)

藤吉とてんの会話の場面。

病院のベッドに寝ている藤吉が、てんに「てん、わろうてくれて、ありがとう。これからも、ずっと、わろてんか」と言った。

てんは「へえ」と応えた。

この時点のSNSでの反応:

笑いあった日々を思い出す
藤吉はてんを笑顔にするために生きて来たんだねー
藤吉さんの最期だけど、全然病人に見えませんw
泣ける場面のはずなのに何を言ってるか聞き取れず集中できない

 

藤吉の最後

★11分:盛り上がり度:52
この時点の関連語:藤吉(28), 大丈夫(2), 合掌(2)

さっきの続き。

藤吉は「なんや、幸せで眠とうなってきたわ。北村笑店のこと、隼也のこと、頼むな」と言い、てんは泣きながら「はい」と応えた。

藤吉は最後に「大丈夫、大丈夫」と言った。

その後、てんが「藤吉はん? 藤吉はん?」と呼んだが、藤吉は応えることはなかった。

この時点のSNSでの反応:

あああ、藤吉はん…!
藤吉さん、お疲れさまでした。ありがとう
藤吉、めっちゃ喋ってから逝った……

 

隼也が成田凌になる

★15分:盛り上がり度:69(今回最高の盛り上がり)
この時点の関連語:隼也(11), 藤吉(9), 喪服(5), 来週(4), 文枝(3)

次回予告のシーン。

桂文枝さんが登場。

隼也は成長し、成田凌さんになる。

この時点のSNSでの反応:

藤吉退場だけど、新イケメン隼也くるね!
隼也がーイケメン化しとる!
息子がてんより歳上になってまう

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他ネタバレ、あらすじ、解説等

 

史実では、藤吉のモデルである吉本泰三が亡くなったのは関東大震災の翌年である1924年(大正13年)。吉本せい(てんのモデル)は34歳で未亡人となった。

今週は昭和初期(先週が昭和4年だったので)が描かれたので、モデルよりもずいぶん長生きした。

漫才の始まりとされるエンタツ・アチャコの結成は昭和5年(1930年)であり、ドラマではこれを見届けることができたことになる。

 

さて来週は、3年後。北村笑店の役員となった伊能栞と、風太の対立が描かれる。

その中で、女流漫才の確立への葛藤や、渡米していた隼也が帰って来るくだりがある。リリコのモデルはミスワカナだとされているが、来週は彼女の活躍が見られそうだ。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

視聴者の概況

SNSの投稿数やユーザー数の集計です。これによりこのドラマのSNSにおける影響度や視聴者の動向を分析します。SNS版の視聴率のようなものだと思います。

投稿数とユーザ数の括弧内は、放送時間帯の第1,第2,第3,第4四半期,放送後3分間の各値。

・投稿数:1007(Q1:124, Q2:120, Q3:242, Q4:305, 放送後3分間:216)
・ユーザ数:470(Q1:95, Q2:85, Q3:175, Q4:226, 放送後3分間:204)
・SNSでの影響度数(独自指標):925

 

前回の記事はこちら

数値化された評価と感想

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

まずまずの評価となった。

藤吉の最期はわかっていたことだが、ああいう切ない感じになるとは思わなかった。

思えば初期の藤吉は本当のクズだった。だが、いつのまにかいい人になっていた。どうせならクズのまま(ただし愛されるクズである必要があるが)の藤吉も見たかった。

モデルの吉本泰三も相当好き勝手やっていたようだ。一説には、彼の最期は、愛人宅での最中に発作が起こったのでは、という噂もあったとか。それはさすがに朝ドラでは無理か。でも、好き勝手やった夫だけど、いなくなってみると心に穴が・・・みたいな展開も見てみたかったなぁと思った。

私は最初から字幕ONなので抜かりはない。

感想・評価わろてんか

Posted by tomo