『明日の約束』第1話の感想。仲間由紀恵が怖い、手塚理美も怖い、青山倫子はクズ親

感想・評価明日の約束

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

関西テレビ制作・フジテレビ系『明日の約束』第1話(2017年10月17日21時0分~)を視聴した感想・評価の記事です。

初回拡大版。

重苦しい展開が続きました。3組の母子の関係を描くヒューマン・ドラマ・・・かと思いきや、最後はミステリー要素が絡んでくるという感じでした。

公式サイトでは「ヒューマンミステリー」と銘打たれています。


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度を測ります。

1位はスクールカウンセラー・藍沢日向役の井上真央さん。本作品の主演。

椿が丘高校に新しく来たカウンセラー。仕事熱心らしくよく生徒のことを気にかけているのだが、一部の先生方からはそれが余計な問題を引き起こすとして睨まれている。

この作品では、3組の母子関係が描かれるのだが、そのうちの1組。母親の尚子は日向の幼き日、ノートに書いた「明日の約束」を強要したヤバイ親。詳しくは後述。

 

2位は吉岡圭吾の母・吉岡真紀子役の仲間由紀恵さん。この作品に描かれる母子関係のうちの1組。不登校となっている生徒・圭吾の母で、息子の不登校の原因は、学校にあると考えている。なんでも学校のせいにしたがる。この真紀子も相当くせものっぽい。息子へはいわゆる過干渉である。

 

3位は霧島直樹役の及川光博さん。不登校の生徒・圭吾の担任の先生。日向にとっては貴重な味方の一人。でもちょっと、自分のクラスの生徒が不登校になっている割には、他人事のように思ってるふうにも見える。

 

4位は不登校の吉岡圭吾役の遠藤健慎さん。不登校の生徒。高校1年生。中学校の頃から行動に問題があったようだが、高校では不登校となる。そして・・・。

 

5位はバスケ部マネージャー・増田希美香役の山口まゆさん。この作品に描かれる母子関係の1組。

彼女の母親・麗美(青山倫子)もひどい母親で、不倫の末に旦那と離婚。しかも、離婚時にDNA鑑定をした結果、希美香は旦那の子ではなかったとわかる。その頃から母親が浮気していたことになる。そのため、希美香は父と一緒に暮らしたかったが、麗美に引き取られた。麗美は今でも希美香を家に残して男と遊んでいる。酒に酔って娘にあたる。

 

6位は日向の母・藍沢尚子役の手塚理美さん。日向は恋人に、この母親のことを隠したがっているふうにもみえる。一見、まともな親子関係に見えて相当酷そう。なお旦那さんは先に亡くなっている。昔、幼い娘に「明日の約束」として「ママに口ごたえしない」などと強要。

 

7位はブライダル会社に務める日向の恋人・本庄和彦役の工藤阿須加さん。日向の母親に挨拶したいと言うが、日向から拒否される。この人はいい人そうなんだけど、やっぱり闇を持っている。

 

8位はスーパーのアルバイト・白井香澄役の佐久間由衣さん。圭吾の幼馴染。圭吾からは「香澄ねえちゃん」と呼ばれている。椿が丘高校を中退した。口が悪い。

 

9位は轟木博雄役の羽場裕一さん。校長先生である。今のところ敵か味方わからないが、どちらかと言えば味方だろうか。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含む)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯が確認できます。

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

 

増田希美香が万引き

★25分(盛り上がり度:31)

バスケ部マネージャーの増田希美香が、スーパーでケーキを万引きし、それを白井香澄が捕まえるというシーン。

希美香はこの日が誕生日だが、母親の麗美は男と遊び呆けている。だから、母親に迷惑をかけてやろうと思って万引きした。でも実は母親にかまってほしかった気持ちもあった。

 

ところで、白井香澄を演じている佐久間由衣さんは連続テレビ小説「ひよっこ」でヒロインの幼馴染・助川時子を演じた。というわけでSNS上では以下のような反応があった。

 

この時点のSNSでの反応:

あら!ときこさん!
時子ーー!!
あ、時子がスーパーの店員役してる

 

クズ親のお手本

★38分30秒(盛り上がり度:39)

増田希美香の母親・麗美は、本当のクズ親だった。男漁りのため、娘を邪魔だと思っている。以下は麗美が希美香に言った言葉である。

あたし幸せになれないじゃん。あんたがいると

あんた、あの人(元旦那)の子供じゃないもん。離婚する時に、DNA鑑定されちゃったわけ。でも13年も自分の娘だと思って育ててきたくせに、あっさり捨てちゃうんだもん。あんたのこと

私だってね、本当はあんたのこと産もうかどうか・・・

この言葉を聞いて、希美香は「うあああああ」と発狂。ついに母親の胸ぐらを掴み「お前なんか、お前なんか」と言って突き倒した。

 

ガシャン、というガラスが割れる音。

 

この時点のSNSでの反応:

この母親サイテー
なんと言うクズ母だ
これ死んじゃったんじゃあ

 

母親は死んだ、と希美香は思ったが、結局、命に別状はなかった。

 

仲間由紀恵さん、怖い

★47分30秒(盛り上がり度:73。今回最高の盛り上がり)

今回最大の盛り上がりポイントは、仲間由紀恵演じる真紀子が見せた毒親ぶりだった。

 

圭吾と、同じバスケ部で圭吾をイジメていた(?)と思われる先輩・長谷部大翔(金子大地)がLINEのやりとりをしていた。

長谷部は、圭吾が不登校になって怖くなったのか、LINEで何度も圭吾にコンタクトしようとしている様子がうかがえた。二人のLINEの会話。

 

長谷部「今から会えないか?

圭吾「無理です。体調悪いので

長谷部が電話するが、圭吾はとらない。

圭吾「すみません 電話もできないです

長谷部「あの件、考え直してくれたか?

 

別の日。

 

長谷部「いま、大丈夫か?

圭吾「はい

長谷部「一人でいんの? できれば直で会って話したいんだけど

圭吾「無理です。学校休んでるから

 

このLINEのやりとりをしている時、圭吾の肩には、母親・真紀子の手が置かれていた。真紀子は圭吾の後ろにいて、全てLINEの会話を見ていたのだ。圭吾も母親にこの会話を見せていたということになる。

 

この時点のSNSでの反応:

わーびっくりしたw
仲間由紀恵こえええええ
ええええ後ろから見てるうう

 

今日も日向は悪い子でしたね

★73分(盛り上がり度:71)

その後、圭吾は一時失踪。母親・真紀子は学校を責め、先生方はみんなで圭吾を捜索。

色々聞き込みをしたり探したりしたが、結局、夜になって椿が丘高校の教室にいるところを日向が発見。

 

圭吾は日向に「好きになりました。付き合って下さい」などと交際を要求した。

そうこうしているうちに、真紀子が学校にやってきて圭吾を連れて帰った。

 

翌日、圭吾が自宅の自分の部屋で亡くなっているのを、真紀子と圭吾の妹・英美里(竹内愛紗)が発見する。

 

 

ところで、このドラマのタイトル「明日の約束」の意味がこの回の最後にわかる。それは「明日の約束 8歳の日向へ」というタイトルの、母親から日向に書かれたノート。

そこには「今日も日向はママの言うことを聞けない悪い子でしたね。明日はちゃんといい子になりましょう」と書いてあって、さらに「明日の約束」として「①ママがいいと言ったお友達以外とは遊ばない」「②ママに口ごたえしない」「③ママをイライラさせない」などと書いてあった。

 

このように、日向の母親・尚子も恐ろしい親であることがうかがえる。

この時点のSNSでの反応:

いろいろ不気味だ…
闇いっぱいのドラマすき
めっちゃ怖い

 

なお第1.5話なるものがGYAOで配信されているとのことでお知らせしておきます。

 

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化を目的に掲載しています。再掲します。

母親 怖い」「お母さん 問題」「仲間由紀恵 怖い」「気が重い」「毒 親 毒 母」「子供 捨てる」など、暗くて重苦しいワードが多い。ただ「面白い」という感想もある。

下の方にある「東方神起」の文字は、このドラマの主題歌を歌っているグループで、その主題歌とは新曲「Reboot」とのこと。

 

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

平均よりやや高い。

こういう重苦しいドラマ、特に今回のようにあまり救われない展開が続くと、どうしても低くなりがちなのだが、それにもかかわらず平均より高い評価というのは、「ヒューマンミステリー」と銘打った部分が評価されているのだと思う。

確かに、親(母親)と子の関係について考える部分が多いし、最後の方はミステリーとしても興味深い展開。

ただ、重苦しすぎて脱落した人もいたかもしれない。

 

このドラマは原作がなく、オリジナルだとのこと。だから色々推理できるのも面白い。誰が事件の「犯人」なのか、次回予告で及川光博さんが「容疑者は僕たちだ」と言っている意味は何なのか。次回も楽しみにしています。

感想・評価明日の約束

Posted by tomo