『明日の約束』母親たちの要求「棺の前で土下座しろ」「ママに無断で男の子を好きになるな」・・・第2話感想・評価

感想・評価明日の約束

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

関西テレビ制作・フジテレビ系『明日の約束』第2話(2017年10月24日21時0分~)を視聴した感想・評価の記事です。

前回もヤバイ感じの人たちがいろいろ出てきましたが、今回もやっぱりヤバかった!

これどういう結末を迎えるのだろうか。楽しみでも心配でもありますね。

 

最後に書きますが、これまだ観てない人は撮り溜めて観たほうが精神衛生上よいかもしれないですよ。

 


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位は椿が丘高校のスクールカウンセラー・藍沢日向役の井上真央さん。主演です。

椿が丘高校に新しく来て、仕事熱心なのだがその点を他の一部先生方からは疎まれる存在。

3年間交際している恋人の存在を、母親には言わない。それはなぜか? その理由は今回の最後に明かされることになる。

 

2位は吉岡圭吾役の遠藤健慎さん。前回亡くなった生徒。クラス内でイジメがあったとも、バスケ部内でトラブルがあったとも、いわれているが真相は何なのだろうか。基本的にこのドラマは、彼が亡くなった理由や謎を追うことが軸となるようだ。

 

3位は圭吾の担任・霧島直樹役の及川光博さん。圭吾のクラスの担任。責任は感じているが、どことなく他人事のようにも聞こえる。今回は、圭吾の事件を推理小説に例えて「容疑者は僕たちだ」と言った。

どこか、怪しげな感じもある。

 

4位は吉岡圭吾の母・吉岡真紀子役の仲間由紀恵さん。過干渉な毒親。息子がなくなったのを、学校のせいにしている。一方、日向らは家庭環境にも問題があったとみている。

 

5位は日向の母・藍沢尚子役の手塚理美さん。こちらも毒親。「明日の約束」というノートを娘に渡している。この内容が怖い。後述。

 

6位は1年B組の生徒・田所那美役の井頭愛海さん。圭吾と同じクラス。彼がイジメられていることを告発した。ただ、そのイジメは過酷なものではなかった。亡くなったこととの因果関係はまだわからない。

 

7位はブライダル会社に務める日向の恋人・本庄和彦役の工藤阿須加さん。今回、日向に内緒で日向の実家に行き、母親と会う。圭吾の件を知り、日向を心配したようだ。

 

8位はジャーナリスト・小嶋修平役の青柳翔さんでした。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含む)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をします。

ハイライト名場面グラフ

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

棺の前で土下座してくれますか?

★23分(盛り上がり度:25)

日向、霧島、そして校長(羽場裕一)の3人は、圭吾のお葬式に行った。

だが、受付で門前払いされかかる。

 

そこに圭吾の母親・真紀子が来て「(お焼香をしたいなら)圭吾の棺の前で土下座してくれますか? 圭吾を救えなかったことを謝罪して土下座してください」と恐ろしい顔で言った。

 

霧島が「申し訳ありません。今日はこれで失礼させていただきます」と言い、3人は一礼してその場を去った。

この時点のSNSでの反応:

仲間由紀恵のサイコマザーっぷりがすごい
被害妄想って…ひどい
母親の狂った感じやばい

 

あんたには不釣り合い

★35分(盛り上がり度:57。今回最高の盛り上がり)

前述の通り、日向のことを心配した恋人・本庄和彦が日向の実家に来て、母親・尚子に会った。

日向は、恋人の存在を母親に話していなかった。

 

和彦が帰ったあと、尚子は文鳥に話しかけながら、日向に聞こえるように「酷いわよねぇピッピ、3年もお付き合いしてるのに、ママに内緒にしているなんてねぇ」と言った。

尚子は「ああいやらしい!! ママに隠れてコソコソ恋人作って!」と言い、さらに、圭吾の事件に触れて日向をなじった。

日向がその場を去ろうとすると、尚子は激怒し「日向ーーー!!!! ママになんか言うことあるでしょ!!! 待ちなさいよ! あんた母親のことなんだと思ってるの。母親に恥かかせて。こっちの気持ちも知らないで!! あんないい人、あんたなんかに釣り合わないわよ!」とブチ切れた。

 

回想シーンで、日向が中学生の頃、万年筆を母親に折られたエピソードがあった。母親は、娘が買ってきた万年筆を、「中学生のくせに生意気、あんたには不釣り合いだ」と言って折ったのだった。

 

この時点のSNSでの反応:

お母さんコワイコワイ
やっぱお母さん精神的な病気でしょ
母親最低かよ!!!まじ胸糞

 

圭吾と那美の関係

★44分(盛り上がり度:31)

圭吾がクラスでイジメられていると告発した田所那美は、実は自分も中学生の時にイジメにあっていた。

当時、それを救ったのが圭吾だった。

イジメによって捨てられた彼女のバッグを探してきて、書かれている落書きを消した。

那美は「私といると、吉岡くんもイジメられるよ」と言ったが、圭吾は「大丈夫! 俺もクラスで浮いてるし」と明るく返した。

この時点のSNSでの反応:

吉岡くんいいやつすぎて大号泣
吉岡くんいけめんすぎやん
吉岡くんこれは惚れる

 

明日の約束ノート

★51分(盛り上がり度:53)

日向が、母親に彼氏を紹介しなかったのは、例の「明日の約束」のノート(母親と日向との交換日記)に起因すると思われる。

毎回、ラストで「明日の約束」の紹介があるようだ。今回の約束はこうだ。

 

明日の約束 10歳の日向へ」「ランドセルにあったラブレターは破って捨てておきました。日向がこんないやらしい子だったなんて、ママはショックです。二度と裏切らないでね」「明日の約束 ママに無断で男の子を好きになったりしない。必ず守るように。ママは日向が大好きです

 

おそらくこの頃から、母親が娘の恋愛に過干渉していたのだろう。そりゃあ彼氏なんて紹介できないよなぁと。

この時点のSNSでの反応:

ママの約束が気持ち悪い
明日の約束ノートが怖すぎ
デスノートとかより全然こわい

 

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

重い」「気持ち悪い」「毒親」「お母さん 母親 怖い」「毎回 最後 交換日記」などの言葉が多く投稿された。

演技については、井上真央さん、手塚理美さん、仲間由紀恵さんの3人が特にポジティブに(凄い、うまい、リアルなど)評価されている。

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

結構低く出ている。暗い展開が続いて、息が詰まるようだ。今のところ、胸糞の悪さ、後味の悪さが残るドラマとなっている。

この手のドラマって、イッキ見したら面白いタイプかもしれない。とにかく続きが気になるし、圭吾がなんとか(亡くなってしまってはいるが)救われてほしい、正義を示してほしいという気持ちがあるが、連続ドラマなのでこのスッキリしなさが来週まで残るのはちょっとキツイ。

でもけっこう引き込まれて観てしまう。

撮り溜めて一気に観たほうが精神衛生上よろしいかもしれない。

気になって、来週も観てしまうけど。

感想・評価明日の約束

Posted by tomo