『明日の約束』霧島先生(及川光博)が動画を流出された犯人か?-第5話感想・評価

感想・評価明日の約束

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

関西テレビ制作・フジテレビ系『明日の約束』第5話(2017年11月14日21時0分~)を視聴した感想・評価の記事です。

前回の記事はこちら

毎回少しずつ謎が解けて、また深まって・・・という展開が続いています。今回は霧島先生の怪しさがマックスに。


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位は圭吾の担任・霧島直樹役の及川光博さん。怪しい怪しすぎる。視聴者の間では、動画流出事件の犯人の最有力候補とされている。

2位は長谷部大翔役の金子大地さん。バスケ部のキャプテン。彼が暴言を吐く動画が流出し、ネット上で誹謗中傷されている。

3位は吉岡圭吾役の遠藤健慎さん。第1話で亡くなった。原因はバスケ部にあるのか、クラスにあるのか、それとも家庭か・・・というミステリーとなっている。

 

4位は椿が丘高校のスクールカウンセラー・藍沢日向役の井上真央さん。母親が毒親である日向。今回は毒親シーンがなかった。母親が風邪をひいていたからだ。

 

5位は吉岡圭吾の母・吉岡真紀子役の仲間由紀恵さん。こちらも過干渉な毒親。

6位はブライダル会社に務める日向の恋人・本庄和彦役の工藤阿須加さん。日向にプロポーズした。ただやや煮え切らないプロポーズになった。

 

7位は轟木博雄校長役の羽場裕一さん。まだ立場がはっきりしない。最後のところで生徒を守っているような気もする。

8位はジャーナリスト・小嶋修平役の青柳翔さん。日向らに、圭吾が亡くなったのは「午前2時から5時」だという警察からの情報を提供する。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含む)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をおよそ把握できます。

キャスト別ハイライト名場面グラフ

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

怪しすぎる霧島先生

★20分(盛り上がり度:50。今回最高の盛り上がり)

霧島と日向の会話。霧島の主張はこうだ。

・長谷部への脅迫が、母親の指示だったというのは推測の域を出ない。

・母親の悪い噂も、証明することができない。

・中学当時のことと、今回のことは混同すべきではない。

 

霧島はそう主張した後、「入れ込み過ぎはよくありませんよ、藍沢先生。最近は特にお疲れのようなので、少々心配です。カウンセラーの先生にこんなことを言うのは僭越ですが、僕で良ければ不満や愚痴はいつでもうかがいますよ。藍沢先生には、いつも助けられてますから」と言った。

そしてコーヒーを飲んだ。

 

この時の藍沢先生の頑な主張は怪しすぎた。

この時点のSNSでの反応:

「やっぱりミッチーも怪しくなってきた」
「ミッチーから不穏な気配を感じる」
「ミッチーが一番闇が深そう」

 

この後、長谷部の動画を撮影した生徒が確定する。しかしその生徒は決して動画を流出させたわけではなく、自分はただ撮影しただけ、そして何者かが流出させたのだと主張した。体育の時間に、何者かが自分のスマホを操作したのではないかと。

 

霧島は前回、誰もいない教室で何かをしていたシーンがあった。

そこに日向が来ると、ポケットにスマホらしきものを隠していた。日向に何をしていたのか聞かれると「物思いに耽っていた」などと曖昧な答えをしていた。この時、生徒が撮影した動画を入手していたのかもしれない。

 

LINEは母親の偽装か?

★38分30秒(盛り上がり度:40)

ジャーナリストの小嶋が、日向と霧島に「深夜に命を絶った高校生」と口走った場面。

 

霧島はこの言葉の意味を見落としていたが、日向は聞き逃さなかった。日向が改めて聞くと、小嶋は「警察の情報だと、圭吾が亡くなったのは午前2時から5時」だという。

 

圭吾は、亡くなった日の朝に長谷部にLINEしていた。矛盾している。誰かがなりすましてLINEした可能性が高い。

この時点のSNSでの反応:

「ラインはお母さんが送信した?」
「LINEの嘘が崩れた」
「おもしろい展開になってきたぞ」

 

長谷部がスタンガンで襲われる

★50分(盛り上がり度:49)

長谷部が、屋外のバスケットコートのトイレで、何者かにスタンガンで襲撃された事件。頭から血を流して発見された。発見したのは、一緒にバスケットコートに来ていたバスケ部マネージャーの希美香(山口まゆ)だった。

この時点のSNSでの反応:

「出ましたスタンガン」
「ひろと先輩いいいいいい」
「タンガン二回目」

 

このドラマで、スタンガンで襲われるのはバスケ部顧問・辻哲哉につづいて2人目。第3話で、ジャック・オー・ランタンに襲われている。

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他あらすじ、ネタバレ等

次回は、圭吾の母親・真紀子が、日向に「二人きりで話をしたい」と持ちかける。

日向は、圭吾の部屋の録音を真紀子がしたのではないかと疑っている。

さらに今回はLINEの件もあった。圭吾のスマホからLINEが送られたのは、圭吾が亡くなった後だ。誰かが偽装していたことになる。この件も次回に持ち越された。

 

動画流出の犯人は、霧島で間違いないと思われる。他にも怪しい点がいくつもあり、霧島は何かを隠しているのかもしれない。

 

また、次回は本庄と日向の結婚話も進捗する。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

「ミッチー 霧島先生 怪しい 動画 盗む 犯人 体育の時間」「母親 LINE メッセージ 先輩」「ママ 悪い顔」「校長 闇」「仲間由紀恵 毒親 怖い」などの感想が多く投稿された。

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

低めの評価となっている。

いくつも謎があって、解決しないままドラマが進んでいることにややスッキリしない感じや、退屈感があるものと思われる。

ただ、「上手い」は平均を上回っている。調べたところ、やはりキャスト陣の演技については生徒たちも含めて好評のようだ。

視聴率はやや低迷気味とのことだが、この手のドラマは撮り溜めて一気に観る人も多そうだ。次も気になる展開になっている。

感想・評価明日の約束

Posted by tomo