『刑事ゆがみ』「持つべきものは財布より秘密」の関係の羽生と弓神がストーカーしあった第4話

感想・評価刑事ゆがみ

感想可視化ネットワーク図

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

フジテレビ木曜劇場枠『刑事ゆがみ』第4話(2017年11月2日22時0分~)を視聴した感想・評価の記事です。

前回の記事はこちら

後述しますが、羽生と弓神、意外と仲良しこよしなんですね。ストーカーし合ったりするし。ああ、今回の事件のテーマもストーカーでした。


この記事の目次

各キャストの影響度(言及数)

まず、SNSのデータを用いて主要キャストの言及数を比較します。これにより各キャストのドラマへの影響度分析をします。

役名キャスト言及数グラフ

1位は羽生虎夫役の神木隆之介さん。うきよ署の刑事でDT。弓神とはコンビではあるが、いいように使われてしまう立場。だが今回は反撃を試みた。

2位は弓神適当役の浅野忠信さん。うきよ署の刑事。羽生をコントロールして事件解決に導く。刑事としてのカンはすごくて、もはや彼の言うことには安心感がある。

 

3位は氷川和美役の山本美月さん。通称ヒズミ。天才的ハッカー。今回は弓神とホテルに・・・!?

 

4位は堤祥子役の高梨臨さん。今回のゲスト。高遠建設の社員。今回の被害者である大山と一度だけ寝たことがあり、それ以来彼からストーカーをされていたと主張する。大山が亡くなったのは、正当防衛だとも主張。

5位は大山昇役の姜暢雄さん。今回のゲストで被害者。建築士。高遠玲奈の婚約者ではあるが、社内の評判は「女好き」などと散々であった。堤や高遠玲奈の証言によると、堤と揉み合ってビルから落ちたというが・・・。

 

6位は菅能理香役の稲森いずみさん。うきよ署刑事で係長。かっこいい。独身。蹴られたい。

弓神から「蹴り入れて 籍入れられないで 係長」という川柳を詠まれる。

 

7位は高遠玲奈役の池端レイナさん。高遠建設のご令嬢。大山の婚約者だった。堤とは同期の関係でもある。

 

インスタに池端レイナさんと高梨臨さんの画像があったので貼っておく。

 

ハイライト・名場面(あらすじ含む)

今回の盛り上がりグラフです。SNSで盛り上がった時間帯の分析をしています。キャスト別の盛り上がりもグラフ化していますので、お気に入りのキャストの出演時間帯をおよそ把握できます。

以下、各盛り上がりポイント(★マークの時点)について説明します。

持つべきものは財布より秘密

★2分(盛り上がり度:56)

羽生と弓神が定食屋で食事をしているシーン。

支払いの時、弓神がおもむろに懐からスマホを取り出した。そのスマホに映された画像には、羽生が「無料案内所」へ入っていく姿が。驚く羽生。

弓神は「定食代を払うか? 辱めをうけるか、どっちがいい? ん?」と羽生に聞いた。羽生が「くそっ」と言って支払いの意思を示すと、弓神は「持つべきものは財布より秘密だな」と言った。

 

弓神に仕返しする羽生

★14分(盛り上がり度:42)

再び定食屋のシーン。今度は羽生が弓神にやり返した。

羽生はスマホを弓神に見せた。そのスマホには、ヒズミと一緒にホテルに入っていく弓神の画像があった。

 

羽生「勤務時間に若い女とホテル。ああ、刑事にあるまじき行為ですね。これ、係長が見たらどうなるんすかね?

 

羽生「あれ? あれ? 財布わすれちゃったよぉ

弓神「クソ野郎だな

羽生「持つべきものは財布より秘密、でしたっけ?

 

この時点のSNSでの反応:

きれいな仕返しw
二人のやりとり好きだわぁ
羽生くんが成長してるww

 

ヒズミ可愛いぞ。インスタに動画。

 

 

愛し合う二人

★43分(盛り上がり度:57)

事件の概要は後述する。この盛り上がりポイントは、堤が罪を認めた場面。

 

実は、堤と高遠は、女性同士だが愛し合っていたのだ。

ふたりで協力して、大山を亡き者にした。だが、堤は高遠をかばって、自分が一人でやったことだと言い張っていた。

 

この時点のSNSでの反応:

恋人同士だったのね
最高やんけ
ごちそうさまです

 

羽生、秘密のお店に通う

★52分(盛り上がり度:102。今回最高の盛り上がり)

みたび、定食屋に羽生と弓神。

今度は弓神の番だ。羽生が「秘密のππ(パイ2)」に入っていくのをスマホに収めていた。

実は弓神がヒズミとホテルに入ったのも、このホテルから羽生を見張るためだったのだ。

 

羽生「暇人ですね。俺のストーカーなんですか?

弓神「さあ、定食代を払うか? 辱めをうけるか、どっちがいい?

羽生「ほんとクソ野郎だな

弓神「ごちそうさまでした。パイパイ!

 

以下の節では、あらすじ又はネタバレや、史実・原作に基づく解説などが含まれます。

その他あらすじ、ネタバレ等

事件の真相はこうだ。

 

実は高遠玲奈と堤祥子は愛し合っていた。だが、玲奈は父親が決めた男性・大山と婚約させられた。

大山は、玲奈と祥子の関係を知っていながら、玲奈を求め続けた。

 

この状況を打開するために、祥子が一晩大山と寝て、二人のベッドでの写真を証拠にして、大山が自分をストーカーしているとでっち上げたのだ。

そしてストーカーから付きまとわれて揉み合いになった、その中でストーカーがビルから転落した、自らはストーカーから身を守る正当防衛だった、という状況を作り上げたのだった。

ここまであらすじ・ネタバレ・解説部分でした。

数値化された評価と感想

冒頭に掲載したのは、SNSのデータを基にした共起ネットワーク図です。感想の可視化・分析を目的に掲載しています。再掲します。

感想可視化ネットワーク図

切ない 百合 展開 最高」「面白い」「山本美月 可愛い」「持つべきものは財布より秘密」などのコメントが多く投稿された。

まりえ」とあるのは飯豊まりえさんのこと。堤が流した噂を社内にばらまく会社員・飯杉真澄役を演じた。

 

視聴率 悪い」ともあるが、第3話までの視聴率は7.6%→5.8%→6.0%となっている。

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

 

最後にSNSのデータを基にした評価を確認します。

評価グラフ

視聴率は良くはないかもしれないが、SNSにおけるドラマの評価は高い。

このブログで度々書いているが、単に「視聴率」と言った場合、これはリアルタイムの世帯視聴率のことを言う。録画やネットでの視聴は含まれない(仕事や学校で忙しい人ほど、リアルタイムでは視聴できない。また公的に「世帯」となっていない状態で暮らしている人も考慮されない)。ざっくり言えば、視聴率という数字には若年層の視聴が反映されにくい傾向にある、と考えている。

とにかく、視聴している人は楽しんで観ていると思う。毎回少しずつ違ったテイストの事件が起こるので飽きさせないのも、良いところだと思う。