『刑事ゆがみ』あらすじ、感想・評価、視聴率まとめ

2017年10月13日視聴率及びまとめ刑事ゆがみ

スポンサーリンク

フジテレビ木曜劇場枠『刑事ゆがみ』についての、感想・評価、視聴率のまとめ記事です。

各話のあらすじや、感想・評価の記事へのリンクを貼っていきます(順次更新)。視聴率についても入手できれば貼っていきます。

主演は、

弓神適当役の浅野忠信さん。

羽生虎夫役の神木隆之介さん。

のW主演。

他の主要なキャストとしては、

係長・菅能理香役の稲森いずみさん。

刑事・多々木挙男役の仁科貴さん。

刑事・町尾守役の橋本淳さん。

ハッカー・氷川和美役の山本美月さん。

などです。

放送日時は木曜日・22時0分。

 

 

(記事内の各図・グラフの意味はこちら

 

視聴率は7.6%→5.8%→6.0%

→6.3%→6.4%→6.7%

→5.9%→6.8%→

6.9%→6.6%

 


各話あらすじ、感想・評価

第1話

うきよ署の刑事・弓神は、違法捜査をいとわない強引な捜査手法をとる。ただ、刑事としての腕や勘は確かで、バディである羽生を騙してうまくコントロールし、事件を解決に導く。

羽生はそんな弓神のやり方を良くは思っていないようだ。昔から正義感が強く、25歳にしてピュアなDT。

 

ある日、歩道橋の階段下で若い女性が亡くなっているのが発見される。その女性は、ある駅で発生した痴漢事件の被害者だった。その被害者の様子がどうもおかしいと感じていたのは、駅員の坂木望(杉咲花)だった。

 

第2話

ある女性の住むアパートで事件が発生した。

その女性・中学校教師の早杉千里(水野美紀)の証言によると、彼女は窓から侵入してきた男に襲われそうになり、偶然訪ねてきた教え子で現在は大学生の打越将也(中川大志)に助けられた。だが、打越は犯人との争いの中で転倒。頭を打ってしまい意識が戻らない状態となっている。

 

羽生は過去の事件や靴跡から、下着泥棒の郷亀哲史(斎藤工)が犯人だと考え取り調べをした。だが郷亀はただの腕がいい下着泥棒だった。

 

千里は、なぜかこの件についての捜査をしてほしくないという意向だった。

次第に真相が明らかになっていくにつれ、千里が大人の女性としてある重大な秘密を抱えていることがわかる。

 

第3話

定年を迎える警察官・真下誠(寺脇康文)が、山中で堀田剛(柳俊太郎)にスコップで殴打され、気を失う事件が発生する。

真下と堀田は元々知り合いで、堀田が非行に走っていたのを真下が更生させていた。堀田は、自分の会社の社長に命令されてゴミの不法投棄をしようとしていた。そこに真下が通りかかり言い争いになり、堀田が真下を殴った、というふうに見えた。

 

だが堀田は、殴りかかってきたのは真下からだと頑なに主張する。

真下は地域で愛される警察官だった。だが、彼の娘からは、仕事ばかりで家庭を顧みない父親だったという話が出てくる。

 

第4話

建設会社の令嬢・高遠玲奈(池端レイナ)は、建築家の大山昇(姜暢雄)と婚約していた。

だがある日、大山は玲奈の同僚・堤祥子(高梨臨)と揉み合った末にビルから転落。亡くなってしまう。

実は大山は、玲奈にストーカーしていたという噂が会社内に広がっていた。

揉み合う様子は玲奈自身も目撃していたが・・・。

 

詳しい感想・評価、あらすじは以下の記事で。

 

第5話

詳しい感想・評価、あらすじは以下の記事で。

 

第6話

詳しい感想・評価、あらすじは以下の記事で。

 

第7話

詳しい感想・評価、あらすじは以下の記事で。

 

『刑事ゆがみ』次回予告でChoo Choo TRAIN、イナズマイレブンの豪炎寺のセリフの思い出など第8話感想・評価

 

『刑事ゆがみ』次回予告は笑っていいとも!家政婦は見た!画家サブノ・タダアーノなど第9話

『刑事ゆがみ』最終回の感想・評価。ロイコ事件の真相、横島不二実の結末など